上田・真田町・松代へ
2014年09月13日 (土) | 編集 |
今年は、再来年の大河ドラマの主人公となった「真田幸村」の真田一族のゆかりの地へ

長野26-1-01

長野県上田市は言わずと知れた真田一族が名前をとどろかせた地

幸村の父、昌幸がこの上田の地に城を築き、2度も徳川軍を退けたのです
長野26-1-02

こちらは上田城です

左の櫓の上から真田親子は徳川軍を迎え入れたのでしょうか?

長野26-1-03

上田城から北へ上ると、北国街道沿いの古い町並み柳町へ

長野26-1-04

こちらは作家・池波正太郎 真田太平記館

小説真田太平記を題材にした記念館です

池波先生は真田ものを書くために、この上田にも何度も訪れています

長野26-1-05

場所は上田市真田町(旧真田町)に移動

真田氏歴史館へ

こちら真田町は言うまでもなく真田一族発祥の地

近くには上田城に移る前の本拠地であった砥石城趾もあります

砥石城は真田幸隆が村上義清から奪い取った難攻不落の城です

この歴史館は真田にまつわるもの、そして真田太平記の撮影で使用された甲冑が展示されています

この真田町から一山越えると、真田松代藩の城下町松代です

長野26-1-06

こちら旧松代町は真田信之が上田から転封になった地

かつて川中島合戦で有名な海津城があった場所です

真田家はこの松代で明治を迎えるのです

この松代には他に幕末に活躍した佐久間象山や太平洋戦争時の本土決戦に備え

日本軍が造っていた松代大本営があります

この真田宝物館は真田家の資料が多数展示されています

が、わらわはここには以前訪れていた事があるので今回は割愛し

この脇の池田満寿夫美術館の脇にある竹風堂で栗おこわでお昼を

松代の後は須坂の果樹園でナガノパープルという葡萄を購入

その後は小布施を通り、志賀高原道路へ

長野26-1-07

今回は景色もきれいに見渡せたほうでしょうか

湯釜は現在、火山噴火レベルが高いため立ち寄る事が出来ず

道路もただ通過するだけの厳戒態勢です

無事、草津温泉に到着し、一息つけました
テーマ:雑記
ジャンル:日記
コメント
この記事へのコメント
No title
うがぁ~~ 微妙に残念な感じだなぁ 上田近辺は ちゃんと おれに聞いてからいかないとw
2014/09/17(Wed) 01:09 | URL  | chun10 #-[ 編集]
真田石
一昨年の七月に上田城へ行った時には

暑くて暑くて歩くのも辛かったですが、

あれからもう一年以上経ってしまったとは光陰矢の如しです

写真を観ると、また行きたくなりますね

去年は真田神社で必勝守を買ってきました

買いましたか?

偽物ですが、真鍮の鉄砲も見学者に触らせてくれますね
2014/09/18(Thu) 12:09 | URL  | 最後の羅針盤 #jVvQXXuw[ 編集]
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック