太陽黒点
2014年06月12日 (木) | 編集 |
太陽黒点
分類:天文
クエスト名:「太陽のシミ」
必要スキル:視認3 天文学5 イタリア語
前提:「ラビュリントスの伝説」(クノッソス宮殿)
一言メモ:
太陽観測の時に表面に黒い点のように見える部分のこと
実際は黒いわけではなく光を放っているが、周りよりも暗いために黒く見える
黒点の温度は約4,000℃と周りの温度と比べて3分の2ほどである
太陽黒点は約12年周期で増えたり減ったりしており、地球の活動期などにも影響が
あるのではという意見もある

太陽黒点01 
アテネの他にジェノヴァ、アレクサンドリア、チュニス、ナポリでも受けられるようだ
ある学者からの依頼で、太陽に黒いシミがあるという本が出たらしい
その真偽を確かめてほしいとの依頼だ
まずは、ヴェネツィアの書庫でその本を確かめにいってみよう

太陽黒点02 
ヴェネツィアの学者にその著書の事を聞いてみる
ピサのガリレオが書いた「太陽黒点論」という本ということだ
書庫にあるその本をまずは目を通してみよう

太陽黒点03
太陽に見える黒い点は、惑星の影とかではなく、太陽の表面にあるものだと論じている
こうなったら、詳しいことを著作者本人のガリレオに聞きに行ってみよう
ピサにいるとのことなので、イタリア半島をぐるっと回っていこう

太陽黒点04
ピサの邸宅にいるガリレオ・ガリレイ本人から話を聞く
太陽の観測には危険が伴うようだ。確かにあれだけ明るいからねぇ…
で、イカロスって、なんですか?イカしているロスジェネ?ですか…意味わからん

太陽黒点05
太陽黒点07
ようは、望遠鏡や肉眼で直接観測しちゃいかんぜよってことですね
今なら日食グラスでもというところだけど、この時代はありませんので
なので、夕方の光が一番弱い時分を狙っての観測というのがこの時代
ということで、西に海が開けているポルトガルのリスボン沖が適切とのこと

太陽黒点08
本当に太陽が沈みかける本の一瞬を狙う
わずか数分のあっという間だ。逃したら次の日の夕方までお預けになってしまう
ということで、天気もよく何とか観測ができた
太陽のシミとは…シミやしわが気になる年頃になると微妙だ…
コメント
この記事へのコメント
No title
黒点って、大航海時代頃から知られていたことなんですねヽ(゚Д゚;)ノ!!

まだ新サーバーでお会いしていませんが、お会いしたときは何卒よろしくお願いいたしますm(_ _)m
2014/06/16(Mon) 22:19 | URL  | ファクラー #-[ 編集]
Re: No title
当時の天体観測技術は意外と高かったのかもしれませんね
船乗りは星などを見て位置を把握しなければならないとかあったからでしょうか

世界は広いということですね。なかなかすれ違わないのは…
って、単にあまり移動していないだけかもしれませんが…
2014/06/17(Tue) 08:53 | URL  | エリィ大元帥 #-[ 編集]
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック