FC2ブログ
 スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 ラストラン! ブルートレイン「あけぼの」
2014年03月15日 (土) | 編集 |
今日、また一つの鉄道に終止符が打たれます

かつて日本の津々浦々に走り抜け、旅行の移動手段の1つであった寝台列車

国鉄からJRに変わり、時代の流れと共にその姿は消しつつあります

そして今日、また1つの寝台列車が歴史に幕を閉じます

東京の上野駅から青森駅を結ぶ寝台特急「あけぼの」

実は国鉄時代から残ってる寝台列車・ブルートレインの唯一の列車でした

「あけぼの」の変遷は実に激しいものでした

上野から東北線を走り福島。そこから奥羽本線に入り山形・秋田へと

大館、弘前を経由し青森へ向かう、まさに山形・秋田の人たちの寝台列車でした

スタジオジブリの映画「おもひでぽろぽろ」でも主人公タエ子が

山形の農家へ向かう際に乗った寝台列車がこの頃の「あけぼの」でした

時は流れ、山形新幹線開業になり、ルートは仙台を経由し、小牛田から陸羽東線へ

新庄へ抜けて、秋田・大館・弘前と通り青森へとルート変更

更には、秋田新幹線に伴い、ルートが高崎線、上越線を経由し

羽越本線で庄内地方、秋田、青森へとルートを大きく変えてきました

最後まで山形・秋田の人たちの寝台列車で愛されていました

わらわも、記憶しているだけで3度、この「あけぼの」に乗車しています

一番最初は平成5年ではと記憶しています

夏に東北5大まつりを見にいった帰りにこの「あけぼの」を使ったのです

この年は例年にない冷夏で青森のねぶたまつりを見てる時も寒くて

毛布を掛けたいくらいだったのを覚えています

そして帰りの時、東北は大雨に見舞われました

目が覚めると窓の外には松島の海岸が見えてます

列車は止まっており、下を見ると線路が水を被っています

列車は大幅に遅れ、仙台から新幹線に乗り継いでも良いと言う放送が流れます

結局、そのまま乗り続け、福島の手前で川の増水により運転中止となり

バスで福島駅へ臨時輸送、新幹線で帰るというハプニングはずっと記憶しています


2度目は平成10年の12月

この時は北海道へ向かうために青森まで「あけぼの」を乗車したのです

0038-01-01.jpg
(平成10年12月 上野駅13番線ホームにて)

0038-02-04.jpg
(平成10年12月 青森駅に到着した「あけぼの」)


そして3度目で最後となった乗車は平成23年5月11日

弘前の白神山地に向かうために乗車したのが最後となりました

あけぼの (3)
(平成23年5月11日 上野駅13番線ホームにて)

あけぼの (1)

あけぼの (5)

あけぼの (4)

あけぼの (2)

「あけぼの」に乗る時はいつもこのB寝台1人用個室に乗ってました

上の段をあえて希望してのってました。(ブラインドを開けたままでも覗かれませんので)

横になりながら、星空を長め、ゴトゴトと揺られるサウンドにいつしか寝てしまいます

いろいろと想い出のあった列車なだけになくなってしまうのは非常にさみしいものです

そして、鉄道好き、旅好きにとっても、寝台列車が消えていくのは非常にさみしいです

今は飛行機、新幹線、車など旅行への交通手段の選択肢は増え、

いかに早く目的地に着くかが重要視されています

たしかに目的地へ早く行き、その場所に少しでも長く滞在するのも良いと思います

でも、旅って目的地へ向かう間を楽しむのも良いのではないでしょうか?

単なる移動手段としか見られない鉄道ですが、何気に旅情を感じられるのは

鉄道が一番なのではないのかなとつくづく思うものです

たまにはこういう、のんびりと目的地へ楽しみながら向かう旅も良いのではないでしょうか

あけぼの切符

結構知らない方もいらっしゃいますが、こういう切符は

記念に欲しいと言えばほぼちゃんともらえるんですよ

駅によっては使用済みの印を押す場所もありますが…

今後「トワイライトエクスプレス」、「カシオペア」、「北斗星」も順次廃止になります

消えていくブルートレイン。記念の一枚にもなります

これから乗る方も覚えておくと良いかもしれませんね
テーマ:鉄道の旅
ジャンル:旅行
コメント
この記事へのコメント
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2014/03/16(Sun) 00:57 |   |  #[ 編集]
Re: No title
実は個室寝台というと通常より高いイメージがあるように思います
確かにA寝台個室や、B寝台でも一部の個室については高めなものもありますが
B寝台一人用個室(ソロ)については、なんと寝台料金が同じで
個室が味わえるというお得な個室なんです
部屋の大きさは、カプセルホテルをイメージしていれば間違いないですが
窓があるため閉鎖感は感じられません
しっかりと暗証番号登録式(一部は磁気カードもあり)でドアもロックでき
自分だけの時間を過ごせます
なので、上の段の個室の場合はブラインドを開けて、室内灯を消せば、
暗闇を走る車窓(真っ暗ですが)が夜遅くても楽しめるわけです
追記で、チケットが残ってたのでアップしてみました

ちなみに、今年、来年と「トワイライトエクスプレス」、「北斗星」、「カシオペア」も
相次いで廃止が予定されています
実質再来年にはブルートレイン(機関車で寝台車両を牽引する定時運行の夜行特急)は
この日本から完全消滅することになります
実は、「いつか…」と言っている時間はそう長くないのです
去年の流行語じゃないですが、「いつ乗るの?」「今でしょ!」なんです
※理由は廃止が確実に決まるとチケットが取りにくくなるため
2014/03/16(Sun) 15:06 | URL  | エリィ大元帥 #-[ 編集]
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。