ゴシキセイガイインコ
2013年08月31日 (土) | 編集 |
ゴシキセイガイインコ
分類:鳥類
地図名:「鮮やかな色の鳥の地図」東南アジア開拓地
必要スキル:生態調査6 生物学6
一言メモ:
「五色青灰鸚哥」
オーストラリア大陸、インドネシア東部、ニューギニア島などに生息
5色とあるが様々な色で色鮮やかである。花の蜜などを主食とする
一応、「インコ」とあるが、分類は「オウム」である

ゴシキセイガイインコ1
オーストラリア北西岸で上陸。北西の端で発見できる
 タイガースネーク
2013年08月31日 (土) | 編集 |
タイガースネーク
分類:大型生物
地図名:「猛毒のヘビの地図」東南アジア開拓地
必要スキル:生態調査6 生物学6
一言メモ:
オーストラリアの一部に生息する。体長は1mから2mくらいになる
深い緑色の縞模様が特徴
猛毒を持っており、噛まれると約半数は死んでしまうという
その為、毒蛇の中では危険度はトップクラスである

タイガースネーク1
オーストラリア北西岸に上陸、真北で発見できる
茂みなどに隠れて、突然襲われないように注意しよう
 アカクサインコ
2013年08月30日 (金) | 編集 |
アカクサインコ
分類:鳥類
地図名:「赤い鳥の地図」東南アジア開拓地
必要スキル:生態調査5 生物学5
一言メモ:
オーストラリア大陸の一部に生息する
身体全身は綺麗な深紅色のインコ

アカクサインコ1
オーストラリア北西岸に上陸。北東の中央よりで発見できる
 グレヴィレア
2013年08月30日 (金) | 編集 |
グレヴィレア
分類:植物
地図名:「繊細な花の地図」東南アジア開拓地
必要スキル:生態調査5 生物学5
一言メモ:
オーストラリア大陸に自生する
種類は約250種類あり、花びらだけでなく葉も繊細なものが多い
園芸などの栽培も人気が高い

グレヴィレア1
オーストラリア北西岸に上陸。南東にある白い花の近くで見つけることが出来る
 ビカクシダ
2013年08月30日 (金) | 編集 |
ビカクシダ
分類:植物
地図名:「奇妙な形の植物の地図」東南アジア開拓地
必要スキル:生態調査6 生物学6
前提:「太陽の昇る場所」(ニューギニア島)
一言メモ:
別名「コウモリラン」とも言われる。アフリカや東南アジアの熱帯雨林に生息
名前の通り、シダ植物の仲間
良く園芸や温室などで育てられているのを見かける

ビカクシダ1
ニューギニア島南岸に上陸、北西の端のほうに生息している
 カブトトカゲ
2013年08月29日 (木) | 編集 |
カブトトカゲ
分類:小型生物
地図名:「兜をつけた動物の地図」東南アジア開拓地
必要スキル:生態調査4 生物学4
前提:「太陽の昇る場所」(ニューギニア島)
一言メモ:
ニューギニア島の熱帯雨林にだけ生息する固有種。アカメカブトトカゲといわれる
体長は20㎝弱で夜行性。昆虫などを食べている
ペットとしても飼われることもあるが、飼育は大変らしい

カブトトカゲ1
ニューギニア島南岸に上陸。北東の赤い花の近くにいる
 フクロネコ
2013年08月29日 (木) | 編集 |
フクロネコ
分類:小型生物
地図名:「ネコに似た動物の地図」東南アジア開拓地
必要スキル:生態調査5 生物学5
一言メモ:
別名「クウォール」とも言う有袋類の動物
オーストラリア大陸、タスマニア島、ニューギニア島に生息する
固有の動物であり、白斑点が特徴。顔はリスかネズミにも似ている
オスの寿命は約1年と非常に短い

フクロネコ1
タスマニア島にあるホバート北。郊外の入口から北東に向かったすぐのところにいる
Nキャラがいるので、襲われないように注意
 ウツボ
2013年08月29日 (木) | 編集 |
ウツボ
分類:海洋生物
地図名:「不気味な魚の地図」東南アジア開拓地
必要スキル:生態調査3 生物学3
一言メモ:
温暖な浅海に生息する
体長は1m程度が平均だが、4mにもなるものもいる
「海のギャング」とも言われるが、基本は肉食で敵を見ると大きな口を開けて威嚇し
時には噛みつくこともあるが、基本は臆病者
日本でも獲って食べる習慣もある
皮は厚いが煮たりすると柔らかくコラーゲンが多そう。身は少ないが白身で淡泊
皮が独特な模様な為、わかりやすい。個人的には大量には食べられなかったσ(^◇^;)

ウツボ1
オーストラリア大陸東岸のクガリから北へ向かい、コーラル海に入ったところにいる
 シマウマ
2013年08月29日 (木) | 編集 |
シマウマ
分類:中型生物
地図名:「奇妙な模様の動物の地図」ジェノヴァ・マルセイユ
必要スキル:生態調査2 生物学2
一言メモ:
アフリカのサバンナに住む、白黒の縦縞模様のある馬
草食動物であり、よくライオンなどに襲われるシーンがテレビで見られる
鳴き声は馬よりはロバに近いらしい
人間に懐くことはあまりなく、意外と飼育は大変らしい

シマウマ1
アフリカ大陸東岸、ソファラの東にある、アフリカ南東岸に上陸
上陸地点から北、地図の中央にある広場にいる
 マレシェルビア
2013年08月29日 (木) | 編集 |
マレシェルビア
分類:植物
地図名:「星の花の地図」東南アジア開拓地
必要スキル:生態調査6 生物学6
一言メモ:
南米大陸の南部に生息する、スミレの仲間
色は鮮やかで、均整がとれているが複雑な形をしており、星のようにも見える
ちなみにマレシェルビアは植物愛好家のフランスの貴族の名前からとったようだ

マレシェルビア1
南米南西岸に上陸。上陸地点から東の橋を渡り巨大枯れ木のある南端にある
 我が家の猫が…
2013年08月28日 (水) | 編集 |
我が家には猫が現在5匹います

2匹は雑種の猫。3匹はスコティッシュ・フォールドです

その雑種の猫の1匹はもう約15年生きています

人間にしたらもうおばあちゃんですね

お腹のところにしこりが出来、数ヶ月で3センチくらいの大きいものになってしまいました

昨日とうとう大量出血してしまい、今日、動物病院へ行きましたが

猫の乳腺の腫瘍だそうです

残念ながら猫の場合はほとんど悪性のようで

他の乳首にもしこりがありすでに転移していました

しっかり手術をして寿命を少しでも延ばす望みにかけるか

多少和らぐ程度の処置であとは自然に任せるか

非常に酷で難しい二者択一になりました

もちろん手術をすれば大きくなったところはなくなるでしょう

しかし年齢的な負担と、すでに他への転移が認められてる現状

手術をするのも猫にとっては体力の消耗も激しい負担になるのかなと

とりあえずは薬などで化膿を止めていくしかないのかなと

今はまだ普通に動いてますが、いつ肺に転移するか分かりません

肺に転移したら、もうこの子の命もわずかになることでしょう

家の近くに捨てられていたこの子の親猫をわらわが拾ってきました

そしてその親猫がこの子を産んだのです

親猫はいつしか外に行ったまま帰ってこず、この子は一切外に出ることもなく

15年共にしてきました

いつかは別れの日が来るんですよね

悲しいけどそれが現実

あとどのくらい生きるのか分かりませんが、その時は刻々と近づいて来ているようです

病院などで淋しい思いをするよりも、家で好きなように過ごさせてあげたい

そう思い余生を過ごさせてあげるしかないのかな

どんどん弱っていく姿を見守れる自信はあまりありませんが…
テーマ:猫のいる生活
ジャンル:ペット
 パフィン
2013年08月27日 (火) | 編集 |
パフィン
分類:鳥類
クエスト名:「空飛ぶペンギン」
必要スキル: 生態調査8 生物学10 英語
前提:
「バルディ頭取の興味」(ガラパゴスペンギン)
「ぶどうの地に来た未来」(テラ・ノヴァ)
一言メモ:
「ニシツノメドリ(西角目鳥)」とも言われる
北大西洋や北極海に生息する
体長は約30センチくらいで、くちばしは色鮮やか
身体の色は白と黒になっている為、ペンギンと似ているように見える

パフィン1
リスボンで受けられる、クエ
バルディ頭取が空飛ぶペンギンの噂を聞きつけたとのこと
ペンギンは海の中の呼ぶように泳ぐ生物。決して空を飛ばないのだが…
とりあえずはどんな噂かバルディ頭取に話しを聞いてみよう

パフィン2
今までもいろいろとペンギンを発見してきたが、今まで空を飛ぶペンギンは見たことない
とりあえず真相を確かめる為に、噂の出所であるプリマスの船乗りを探してみよう

パフィン3
どうやら見かけたのは北米の北にあるテラ・ノヴァにある島らしい
しかし、よくよく考えるとどうもペンギンとはちょっと違うようだ
誰だ…こんな噂を大きくしたのは…
まあ、確かめるべく大西洋を横断しテラ・ノヴァにある島に行ってみよう

パフィン4
テラ・ノヴァ北岸で上陸、東にある野宿跡から、さらに北へ向かい行き止まりの海岸の
崖のそばにその鳥はいた
模様が白と黒でぱっと見はペンギンに見えなくもない
しかし良く見れば、明らかにペンギンではないのがよく分かる
ただのペンギンに似た鳥だったようだ…σ(^◇^;)
 アルジェ
2013年08月27日 (火) | 編集 |
アルジェ
分類:港・集落

一言メモ:
地中海沿岸、北アフリカに位置する、アルジェリアの首都
人口は約200万人、市街地も含めると350万という大都市
昔から城塞都市として発展し、バルバリア海賊の拠点となっていた時代もある
16世紀にはオスマン帝国に帰属し19世紀まで続く
それ以降は、フランスの統治下となり、フランス風の建築物が建てられる
1962年に独立しアルジェリアの首都となる
フランス統治下の建物が多く「北アフリカのパリ」とも呼ばれ白壁が多く「白壁の街」とも呼ばれる
現在は旧市街地は「アルジェのカスバ」と呼ばれ、世界遺産にもなっている
 トリポリ
2013年08月27日 (火) | 編集 |
トリポリ
分類:港・集落

一言メモ:
地中海沿岸、北アフリカにあるリビアの首都。人口約170万人
街は紀元前7世紀頃、カルタゴによって造られる
統治国家が様々に変わり、16世紀半ばから20世紀初めまでオスマン帝国の支配下になる
最近でも内戦が起こったことは記憶に新しい
 トレビゾント
2013年08月27日 (火) | 編集 |
トレビゾント
分類:港・集落

一言メモ:
現在の「トラブゾン」。黒海沿岸でトルコ北東部にある港湾都市。人口約25万
街は紀元前7世紀頃に造られ、一時は帝国の首都となったこともあった
15世紀にはオスマン帝国に滅ぼされ、現在はトルコの街の1つである
 カッファ
2013年08月27日 (火) | 編集 |
カッファ
分類:港・集落

一言メモ:
現在の「フェオドシヤ」。黒海沿岸、クリミア半島の南東に位置する
街の歴史は古く、紀元前6世紀頃。13世紀には「カッファ」と呼ばれるようになり、
19世紀初頭には現在の「フェオドシヤ」となった
大航海時代ではケルチ海峡を渡り、アゾフ海に位置しているが、実際は黒海沿岸にある
 ゼヴァストポリ
2013年08月27日 (火) | 編集 |
セヴァストポリ
分類:港・集落

一言メモ:
黒海沿岸、クリミア半島の先端に位置する、ウクライナの都市
人口は40万人弱。街の歴史は古く、昔からクリミア半島の拠点として繁栄
第二次大戦では激戦地の1つとなった
現在も重要な港であり、ウクライナではあるが、ロシアの軍港となっている
 オデッサ
2013年08月27日 (火) | 編集 |
オデッサ
分類:港・集落

一言メモ:
黒海北部に位置する、ウクライナの州都。人口は約100万人
18世紀にロシア帝国の手によって港の建設が始まり都市化する
戦艦ポチョムキンで有名なポチョムキンの階段がある
日本の横浜と姉妹都市となっている
 サロニカ
2013年08月27日 (火) | 編集 |
サロニカ
分類:港・集落

一言メモ:
現在は「テッサロニキ」と呼ばれ、ギリシャの州の州都
東ローマ帝国時代より、大都市であり今も約100万人が住む
古い遺跡などが市街地からたくさん出土し、中には世界遺産もある
 アンコナ
2013年08月25日 (日) | 編集 |
アンコナ
分類:港・集落

一言メモ:
イタリア半島東部の中腹部にあるアドリア海に面する人口約10万人の街
街の歴史は古く、紀元前に造られる
当時からアドリア海の海路の要衝であり、今も重要な海路の拠点となっている
 現存する飛行可能な零戦
2013年08月19日 (月) | 編集 |
 ジブリ最新映画「風立ちぬ」で話題になっている「堀越二郎」

その「堀越二郎」が作り上げた世界の名機と言っても良い「ゼロ戦」

当時は約1万機を作り、太平洋戦争の日本の主力機として戦ってました

開戦当時は米英からは「ゼロファイター」と呼ばれ恐れられた機体です

zero1.jpg

さて、この期にあわせてなのかは分かりませんが、

現在、当時のエンジンを搭載し、飛行することが出来る唯一の零戦が日本に来ています

埼玉の所沢市にある航空記念公園内にある航空発祥記念館に展示されています

こちらの機体は「零式艦上戦闘機五二型」です

太平洋戦争時、サイパン島にあったこの機体は無傷でアメリカ軍に捕獲されました

そして現在もアメリカにあり、整備をされ飛行することが出来る状態で保存されています

zero2.jpg

「零式(れいしき)艦上戦闘機」はご存じの通り、三菱の「堀越二郎」が携わったものです

海軍の主力機として採用されてからは大量生産をする為に、

三菱以外にも中島飛行機でも製造がされていました。この機体は中島飛行機製ですね

zero3.jpg

当時、海軍は空母から滑走が出来る新しい艦上戦闘機を求めていました

海軍からの要求は相当ハードルが高く酷なものでした

速度の向上、航続距離をのばす。そして旋回性や操作性など様々です

しかし、唯一?防御力の高さを求めてきませんでした。

機体の性能とパイロットのテクニックで連合国機と互角以上の闘いが出来るとしたのでしょうか

その制限がないことで、機体の極限までの軽量化を実現することが出来たんですよね

これはのちのち飛行機の技術に大いに活用されていると思います

zero4.jpg

太平洋戦争開戦当初はゼロ戦は優位に空中戦、ドッグファイトを戦っていました

しかし運命は皮肉なもので、アメリカの物量には勝てず、徐々に劣勢に立っていきます

ミッドウェイ海戦では有能なパイロットも多く失いました

そして、やがて戦局が悪化すると、この名機は「神風特別攻撃隊」の機体として

若者達の命を多く奪っていくことになります

堀越二郎の苦悩はいかほどか計り知れません

しかし、ゼロ戦は伝説の名機として後世まで語り継がれることとなりました

なぜ、この機体は「ゼロ戦」と呼ばれることになったのか

好きな方には当たり前のこととは思いますが、「ゼロ戦」は正式名称は「零式艦上戦闘機」

「ゼロシキ」とは呼ばず「レイシキ」と呼びます。しかし、「レイ戦」と言うよりは「ゼロ戦」

のほうが呼びやすかったんでしょうか、いつしか「ゼロ戦」という愛称で呼ばれるようになったそうです

ではなぜ、「零(レイ)」になったのか?

この「ゼロ戦」が正式に実用機として採用されたのが「皇紀2600年」の年だったからです

当時の海軍機はこの皇紀の下2桁を取っていました

「九六式艦上戦闘機(96式艦戦)」「九九式艦上爆撃機(99式艦爆)」と言うようにです

そこで00年になったこの戦闘機に「零式(れいしき)」がついたわけです

もしかしたら、この名前もこの機の運命だったんでしょうね

他の数字だったらこんなに名前が馴染んだかどうかは分かりませんね

そして「れいしき」を「ぜろせん」と呼ぶようになったこともこの機の運命だったんでしょう

この機のファンがいる限り、この戦闘機は語り継がれるでしょう

しかし、この機の壮絶で悲しい運命も是非忘れないで欲しいものです
テーマ:その他
ジャンル:その他
 歌舞伎座 八月納涼歌舞伎
2013年08月16日 (金) | 編集 |
なかなかDOLネタにならずにすみません(._.)オジギ

本日は新生歌舞伎座になって初めての歌舞伎鑑賞になりました

もちろん、中に入るのも初めてです

歌舞伎座2

今回は三部構成で第三部を見て参りました

歌舞伎座1

18時20分開演で、17時50分過ぎには内部に入場できました

歌舞伎座3

いつもながらに、庶民席?の3階席です

以前の歌舞伎座と比べて椅子も良くなり幅も広くなりました

ただ、足下は狭いままかなぁと。まあ、安いんだからそこは仕方ないのかなσ(^◇^;)

とは言え、今回の3階A席は1枚5,000円です

みさきちゃんのコンサートがワンドリンク付きで4,500円ですからねぇ

って、比較対象じゃないってねσ(^◇^;)

歌舞伎座4

1階からも覗かせて頂きました。第一印象は、思ったよりは変わってないなぁと

絨毯や、壁の柄、天井の構造など前の歌舞伎座と同じ柄などを使って配慮してます

わらわのように前の歌舞伎座を知っている人にとっては斬新さはないものの

なぜかほっと出来ましたね。やっぱり雰囲気が同じなので結果良かったと思います

もちろん、椅子の広さや、設備などは一新されています

今まで上の階は階段でしか行けなかったのが、今回はエスカレーターを両側に

そしてエレベーターも完備です。身体の不自由な方も安心して3階席まで行けます

そして3階にもいろいろなお店が出来たことです。これは3階席であっても楽しめますね

今回は残念ながら今や歌舞伎座の名物となったたい焼きはゲットできませんでした

☆=>=>=>(+_+。)ショッ~~ク

昔の感覚でいたらあっけなく完売します。デザートが消えた…トホホ


さて、第三部の演目は2つ

最初は「江戸みやげ 狐狸狐狸ばなし 十一場」

喜劇的要素たっぷりの楽しいストーリーです

名前の通り、まさに狐と狸のばかしあいというところですね

昨年亡くなった18世中村勘三郎の十八番(おはこ)と言っても良いのではないでしょうか

演劇から発展した新作歌舞伎です

ある江戸の夫婦の夫側と妻側に別れての騙しあいです。

死んだと見せかけ化けて出てくる夫側。妻側は恐れおののき見事に騙したかに見えるのですが

最後の最後であっと言わせるどんでん返しは最後まで笑わせてくれます

2つ目は「棒しばり」。これは狂言の「棒縛」を歌舞伎にした作品です

棒で両手を縛られた治郎冠者、後ろ手に縛られた太郎冠者

それでも主人の目を盗み、行動が制限されてる状態でも何とか好きなお酒を飲もうと奮闘

見事お酒を飲み、気分も上々のところで手を縛られたままの踊りは必見

最後は帰ってきた主人に見つかり大わらわという、こちらも楽しませてくれる演目です


新生歌舞伎座は空調も良くなり、設備や店舗も充実。これからも良い環境で歌舞伎が演じられます

席はほぼ満席状態で、欧米系の外国人もかなり多く見受けられました

三部構成で時間が少なめだった為、座内にある店舗を十分に見切れなかったのは心残りですが

そこは次回の楽しみと言うことで

そして今度は一等席か桟敷席を奮発できるよう頑張ってみましょう
テーマ:歌舞伎
ジャンル:学問・文化・芸術
 水谷豊主演映画「少年H」
2013年08月15日 (木) | 編集 |
本日は水谷豊・伊藤蘭夫妻映画初共演で話題となっている

「少年H」を見て参りました

映画館はガキンチョでいっぱいです。あ~「モンスターズインク」かぁと

そんなガキンチョグループとは縁遠い映画です

原作はいろいろとまゆつば的なことを書かれたりしていますが、

ここではそういう雑音は抜きで率直な意見を述べてみようかなと


物語は昭和16年の夏から始まります

神戸の街に住む主人公一家の妹尾家。両親と主人公肇、妹の4人家族

戦前戦後では普通にある家族構成でしょうか

しかしこの一家、どこか普通とはちょっと変わっている

物語は、戦前のごくありふれた日常から始まる

そういう中、世の中は徐々に混沌とピリピリとし始める

近所のうどん屋のお兄さん(小栗旬)が特高(特別高等警察)?(多分)に捕まる

(共産主義思想での逮捕なので憲兵ではなく多分特高かなと)

おかしいことをおかしいと言えないのは間違っているという主人公

やがて、時は太平洋戦争へ突入し、学校も軍事訓練さながらになる

いつしかアメリカの爆撃機がやってくるようになり、とうとう神戸の街も

アメリカのB29爆撃機の焼夷弾投下による空襲で焼け野原となる

程なくして戦争が終わり、何もかも失った主人公一家

しかし、主人公は戦時中と戦後の大人の言動にギャップを感じ戸惑う

最後はその葛藤に苦しむ少年を描いている

わらわはこの原作に初めて出会ったのは高校の時だったろうか

発刊されて間もない頃だったか、高校の担任の先生から借りたのが最初だった

当時、まだ日本史の先生になりたいと思ってた頃で戦争物として読んだ

その当時も主人公H少年の言動にはややギャップを感じていたけれど、

この映画でもそれが良く現れていると思う。逆に映画を見てここまでだったかと

思い起こしたくなる感じだった。H少年は良い意味で見れば、純粋で

まっすぐな少年と見れるかも知れないけれど、逆意味で言えば不器用すぎる

当時の戦時下で子供とはいえあんな言動をして良く連行されなかったと思う

しかし反面、当時心の中ではそう思っていた人もいたのは確かかも知れない

H少年のわだかまりは頂点に達し、父親に鍋ぶたを投げつけ家を出て

自殺を試みるが出来ずに家に戻る。帰るとそんな父親が吹っ切れたように

何気に普通に戻っているのである

結局そのわだかまりはスッキリすると言うよりは自然消滅的に消えてしまう

最後のシーンを見ていると、H少年が疑問を感じたことや言動は

もしかしたら父親が思ってたことをH少年に置き換えてたのだろうか?

映画的には空襲などでの戦争の悲惨さを伝えると言うよりは

戦時中の普通の日本人達が取ってきた行動や思想を伝える感じだろうか?

戦時中は「御国の為」「天皇陛下万歳」と教えてきた大人が

敗戦を迎えると、それまでのことがなかったかのようにしていることに

おかしいと疑問を投げかけているのだろうか?

正直難しい問題だとは思うけれど、どうしてもH少年の不可解さが受け取れる

戦争というものを伝えるものとしての1つには良いのかも知れないけれど

子供達が見るにはわかりづらい作品かなと言うのが正直な感想

そういったことも考えると5点満点中3.5と言う評価になるかなと思います


今時の子供は空襲とか焼夷弾とか分からない子が多いとのこと

そして日本がかつてアメリカと戦争をしたことすら信じてない子もいるそうです

(わらわもそれを聞いて開いた口がふさがらず二の句が継げなかったσ(^◇^;))

今日は太平洋戦争終結から68年が経ちました

もう、戦争の記憶を伝える為の時間は残り少なくなっています

そういった中で、戦争の一面を伝えるのは大切なのかも知れませんね
テーマ:日本映画
ジャンル:映画
 新橋演舞場 8月公演「さくら橋」
2013年08月14日 (水) | 編集 |
東銀座にある新橋演舞場にて行われてる8月公演へ行ってきました

今月は藤山直美・市川月之助・加賀まりこ出演の「さくら橋」です

新橋演舞場 8月公演「さくら橋」

藤山直美だからと言ってお笑いではないですσ(^◇^;)

他には安達祐実、石倉三郎、ベンガルなども出演してます


さて、舞台は戦後間もない東京の「さくら橋」(隅田川にかかる桜橋か)

大阪から奉公に来ている花(藤山直美)が奉公先の若旦那(市川月之助)と

恋に落ち、身籠もってしまうというところから始まります

花は若旦那と駆け落ちをする為、いわれるまま店の金を持ち橋のたもとへ

そこにいた若旦那にその金を渡すと、若旦那はなんと元婚約者と駆け落ちするという

一人おいて行かれた花は絶望し橋から身を投げようとするが

そこに現れた金貸しを生業とするかね(加賀まりこ)が現れいきさつを聞き出す

事情を知ったかねは「身投げは子供を産んでからでも遅くない」と悟し

半ば強引にかねの店へ。そこで一生懸命働き無事出産をする

第1幕はここまで。前半は回想シーンを混ぜながら進めていく感じでした

第1幕終わりの頃にはお笑い要素も含め爆笑シーンで幕を下ろします


さて、時は過ぎて、花の子供、桃子(安達祐実)はもうすぐ高校生

店のオーナーであるかねを母と呼び、実の母の花をおばさんと呼ぶ微妙な関係

そんなところに、若旦那が訪れ花とやり直したいという

そこである場所の土地の権利書を持ってきて欲しいと持ちかける

花は迷い拒むが、桃子の高校合格祝いの席で事件が起こる

不良風の友達を連れてきた桃子に花は彼らを帰すように諭す

桃子はおばさんに言われる筋合いはないと反発し、その態度に花は手を挙げてしまう

それを見て怒るかね。花にそんなことを言う資格はないと罵り花はその場を去ってしまう

怒りにまかせた花は権利書を盗み店を去ってしまう

さらに数年時が経ち、かねは病に倒れ、桃子は身重の状態に。

そこにふと花が帰ってきて桃子の身体を見て、桃子のふしだらさを怒り嘆く

三つ巴の言い争いになるが、花は権利書を盗んだことを詫び、店に戻ることに

そんな時に、桃子が産気ずく…

第2幕は、主人公・花と、その子・桃子、そして店のオーナーである・かねの3人の

やりとりと葛藤がメインになる。ひどいくらい花をけなす桃子とかねの演技が見所


さらに時は流れ、かねの葬儀の日。花は店の社長となり、桃子が切り盛りをする

花は番頭であった幸造(河西健司)と夫婦になっている

そこに昔若旦那と駆け落ちした元婚約屋が現れ、花に若旦那が死んだことを告げる

しかし墓を建てる資金もなく、なにげにお金の無心をし、それに花は応える

かねが死に、桃子は花に今まで花をおばさんと呼んでいたことに心を痛めていたことを明かし

ここに親子は普通の親子に戻る。そしてかねが花にと残した業平橋の土地があることを言う

さらに時が経ち、東京スカイツリーが建つさくら橋へ

あの土地が建設予定地にあった為高く売れたという。そこへ偶然通りかかったのが

なんと死んだはずの若旦那だった…


あくまで喜劇公演ではないですが、所々にオーバージェスチャーなお笑いなども交え

笑いあり涙ありのお芝居となっていました

遠目でしたが、セーラー服姿の安達祐実、違和感感じませんでした(爆

やっぱり小さいですね~

いつもながらに、気楽に見に行けるお芝居でほのぼのとさせて頂きました∈^0^∋
テーマ:演劇・劇団
ジャンル:学問・文化・芸術
 カナヴァオ
2013年08月13日 (火) | 編集 |
カナヴァオ
分類:植物
クエスト名:「繁栄を願う植物」
必要スキル: 生態調査5 生物学7 オセアニア諸語
前提:港・集落「ハワイ」
一言メモ:
ハワイ諸島に生息するあじさいの固有種
たくさんの実をつけるように咲くことから、ハワイでは子宝、子孫繁栄の象徴とされる
昔はこの実を食べたりしていたが、今は家畜などに食べられたりして数が減っている

カナヴァオ1
こちらもジャカルタで受けられる、ハワイクエ
今度はどっかの貴族が食べられる花の実があるという噂を確かめて欲しいとのこと
こちらも現地調査をする為、ハワイへ向かおう

カナヴァオ2
ハワイに着いたら情報収集の為、休憩所主人から情報を集めてみよう
ストレートに食べられる実が咲く花があるかどうか聞くと、浜辺にいる人物が知っているらしい

カナヴァオ3
砂浜の奥にいる若い男から話を聞く。どうも彼はこの島では物知りなのだろうか
子宝に恵まれる為の儀式的な感じで食べるものらしい
花自体はその辺に咲いているらしいので、集落に戻って探してみよう

カナヴァオ4
広場から砂浜に向かう道の入り口の交易所の向かい側にその花は咲いている
数多くの実の多さが子孫繁栄を意味するものだとよく分かる
 アラエ・ウラ
2013年08月13日 (火) | 編集 |
アラエ・ウラ
分類:鳥類
クエスト名:「火を運ぶ鳥」
必要スキル: 生態調査4 生物学6 オセアニア諸語
前提:港・集落「ハワイ」
一言メモ:
日本では「バン」と呼ばれるハワイ島の固有種
ハワイの伝説で、この鳥がハワイ島に火を運んできたというのがあり「火を運ぶ鳥」と言われる
近年は数が激減し、絶滅寸前とまで言われている

アラエ・ウラ1
ジャカルタで受けられるクエ
ハワイが港・集落として昇格した際に新たに追加されたクエ
ハワイにいる独特な鳥の調査だ。内容の通り現地調査をしよう

アラエ・ウラ2 アラエ・ウラ3
ハワイのビーチの奥にいる若い男から話を聞いてみよう
くちばしが赤い鳥で警戒心が強いらしい。しかし、その赤いくちばしのせいか目立つらしい
そのくちばしが赤くなった伝説も教えてもらえる

アラエ・ウラ4
ハワイの広場で一番北の赤い花があるあたりに、くちばしの赤い鳥がいる
隠れてもこの赤いくちばしは非常に目立つ。乱獲にあわないことを祈ろう
 コビトペンギン
2013年08月13日 (火) | 編集 |
コビトペンギン
分類:海洋生物
クエスト名:「泳ぐ鳥」
必要スキル: 生態調査3 生物学5 オセアニア諸語
一言メモ:
「コダカペンギン」または「フェアリーペンギン」とも言う
オーストラリア大陸南岸やタスマニア島、ニュージーランド近海に生息する
他のペンギンと違い、前傾姿勢気味で歩くのが特徴である

コビトペンギン1
ジャカルタで受けられるクエ
飛べない鳥のような生物が南の大陸にいるという
まずは、オーストラリア大陸の南の島にあるホバートへ行ってみよう

コビトペンギン2
ジャカルタ出航前に、出航所役人からホバートへ行く為のアドバイスをしてくれる
親切心からだと思うので、イージーせずに聴いてあげよう

コビトペンギン3 コビトペンギン4
ホバートについたら、休憩所にいる船乗りに話を聞いてみよう
海の中を鳥が飛ぶように泳ぐ動物を見かけたらしい
大陸と島の海峡当たりでよく見られるそうなので、探しに行ってみよう

コビトペンギン5
丁度、オーストラリア大陸とタスマニア島の間にあるバス海峡の真ん中あたりに行くと
飛ぶように泳ぐペンギンを見つける。普通のペンギンよりは小柄なペンギンだった
 トキイロコンドル
2013年08月12日 (月) | 編集 |
トキイロコンドル
分類:鳥類
クエスト名:「伝説を追う資格」 
必要スキル: 生態調査12 生物学14 マヤ諸語
前提:
 「金色のサル」(ライオンタマリン)
 「謎の光」(プラチナコガネ)
 「幻のチョウ」(キプリスモルフォ)
 「マダガスカルの王者」(フォッサ)
一言メモ:
カリブから南米の熱帯雨林やサバンナに生息する特定危険動物
体長は約80㎝。頭には毛はなく、羽毛は白、羽根は黒
主に動物の死骸などを食べている

トキイロコンドル1
ロンドンで受けられるクエ。前提が多く、出てくるまではかなりの苦労があるだろう
要求スキルも高く、生物学のクエとしては難易度は非常に高い
依頼主はロンドンの王宮にいるサセックス伯爵
まずは、イングランドの王宮に行って、伯爵に会おう

トキイロコンドル2 トキイロコンドル3 トキイロコンドル4 トキイロコンドル5
サセックス伯から話しを聞くが、功績をたたえてくれるもののジョン・トラデスカントという
冒険家の名前が出てくる。いったい何者なのか?時々出てくる冒険家のことなのか?
どうやら、この冒険家がこの依頼で行方不明になったらしい
冒険家を見つけるのか、発見物をして欲しいのかどっちが優先なのかは分からない
まあ、クエを進めていけばこの冒険家の足取りもつかめると言うことか
まずは、カリブへ向かったというので、こちらもカリブ方面へ向かおう

トキイロコンドル6
まずはカリブ海の拠点とも言うべき、サントドミンゴから
酒場のワイラから話しを聞いてみると、その冒険家は金色の虫を探すと言ってたらしい
と言うことは、次はハバナと言うことだろうか

トキイロコンドル7
ハバナのウアレオ酋長に話しを聞いてみよう。
どうやら、金色の虫のあとはアマゾン川のほうへ向かったようだ

トキイロコンドル8 トキイロコンドル9
幻のチョウの時にもそんな事を言ってたような気がしたので、マラカイボへ
そこの酒場にいる船乗りから話しを聞くと、どうやらその冒険家はアマゾン川の上流へ
むかっていったらしい、もしかしたらそこにいるのかは分からないが行くだけ行ってみよう

トキイロコンドル10
アマゾン川を遡上し、アマゾン川上流にて上陸
上陸地点からぐるっと回り、南にある斜め岩を探索するとその岩になにか刻まれている
どうやらすごい鳥を発見したらしいが、そのあとは謎の文面が…
まだ、この先も続くというのだろうか

トキイロコンドル11
その見つけた鳥を探すべく、斜め岩からさらに西の奥へ足を進めると
見事な翼を持った鳥が飛んでいる。あれがそうだろうか

結局、その後の足取りが分からず、ロンドンへと引き返すのであった

つづく…σ(^◇^;)
 香川・愛媛 紀行 第7日目
2013年08月07日 (水) | 編集 |
今年も8月6日の広島の地に立っていました

今年も暑かったですね

午前中はいろいろと回ったりと忙しい日程

今年は午後早めの便で帰るためスケジュールがみっちりです

協力下さったスタッフさんに、来年もまた来て下さいみたいなことを言われ

「ご縁がありましたら」とだけ言っておきました

本来は今年で最後と思っていたのですが…σ(^◇^;)

まあ、来年もと言うなら、またどっかに出掛けがてら行こうかなと


さあ、今年は夜から渋谷のコンサートを聴きに行くために15時の飛行機に乗ることに

飛行機は定刻通りに出発

空に上がってみると、かなり雲が多く、大気が不安定なようです

所々揺れが大きい場所を通過

高松・松山34

雲海が綺麗に見渡せます

この雲海を抜けると紀伊半島の東側を通り、名古屋市内の上空へ

途中真下に静岡スタジアムが確認できたと思ったら、また雲の上に

高松・松山35

抜けた時には伊豆大島が綺麗に見えていました

飛行機は例の如く、房総半島南岸から東海岸を旋回

今日は、羽田空港が混んでるため、着陸が5分遅くなるとのことで、千葉市内をぐるっと回り

東京湾へ突入し、無事着陸

渋谷18時のコンサート。結構きわどい時間だなぁ~σ(^◇^;)


さてさて、明日からはDOL再開です

しばしのおやすみでしたが、復帰いたします
テーマ:国内旅行
ジャンル:旅行
 香川・愛媛 紀行 第6日目
2013年08月05日 (月) | 編集 |
さて、いよいよ四国を離れる日がやってきました

松山観光港から広島・宇品港まで瀬戸内海を縦断する船旅です

高速艇なら約1時間半、フェリーなら約3時間です

今回はのんびりと行きたかったのでフェリーを選択しました

さて、フェリーは松山観光港を離れ、多々の島が浮かぶ瀬戸内海を航行

大小様々な島を左右に見渡し、対向する船を何隻もすれ違い

後発の高速艇にも抜かれながら、フェリーはこの航路最大の難所であり

見所でもある本州と倉橋島の間にある「音戸ノ瀬戸」にかかります

高松・松山28

「音戸ノ瀬戸」の入り口です

フェリーは一気に右に旋回。まさに「面舵いっぱい」状態になり一気に瀬戸に入ります

高松・松山29

この瀬戸は幅が約90mしかありません。船が航行できるエリアはわずか60m程度

フェリーが通過するときは当然、すれ違うことはほとんどできないくらいになります

高松・松山30

あっという間の見所ですが、楽しかったですね∈^0^∋

ここはかつて、この瀬戸を平清盛が造ったという伝説がありました(今もあるのかな)

しかし、残念ながら人為的に造られた痕がないとのことで、自然の瀬戸だと言うことのよう

こういう伝説も実証されてしまうと、少し残念なのは致し方ないですかね


さて、午後からは広島市内を歩きます。ここからは私用ではなくなりますσ(^◇^;)

とりあえず、毎年のごとく、挨拶から

高松・松山31

今年は平日と言うことのせいか、心なしか人が少なめな気がしました

デモ行進はそれなりにありましたが…σ(^◇^;)

高松・松山32

まずはこちらで黙祷です。これをしてからでないとすべてが始まりませんから

高松・松山33

今年も原爆ドームは静かにたたずみ時をあの日から止めています

今年のテーマ、と言うほどのものではないですが

「原爆と原発は一緒にするべきか?」

この辺も絡めてみようと思ってます。さてさて、仕事だσ(^◇^;)
テーマ:国内旅行
ジャンル:旅行