香川・愛媛 紀行 第1日目
2013年07月31日 (水) | 編集 |
本日より、6日まで香川県、愛媛県の四国北部と広島原爆の日を絡めて

歩き回ります。

本日は第1日目と言いつつも、ただ四国に移動するのみなんですが

さて、本来なら寝台特急「サンライズ瀬戸」の予定でしたが、

発売開始わずか10分ちょっとでの完売で買うことができず

今日の夕方、羽田空港へ移動

19時25分発の高松行きの飛行機で四国内へ入ることになりました

羽田空港で夕飯を済ませ、保安検査をチェック

しかし飛行機の到着が遅れ、19時35分出発に変更

まあ、このくらいはよくあることなのでね

高松松山01

乗る飛行機が無事到着、ついこの前まで不具合で運行停止をしていた

ボーイング787です。

本来、ああいうことがなければ最新鋭機に乗れると言うことでわくわくなのでしょうが…

まあ、まだ飛行機に若干不安を感じるわらわには不安倍増

とは言え、物好きは乗り心地はどうかとか気になるところですね

無事に10分遅れで飛行機は離陸の準備に入り移動を開始

椅子は見た目はちゃっちそうに見えますが、まあ、そんな悪い感じでもなかったかな

今回はどちらかというと、後部の方なので翼の後ろ

独特のフォルムの翼がよく見えます

意外とエンジン音は今までの飛行機に比べると静か?かなと思いますね

飛行機は無事離陸し、あっという間に雲の中へ

やっぱり天気はあまりよろしくないのかなと

そう思ったのも束の間、眼下に横浜国際競技場の明かりが目に入ります

あとで調べたら、横浜Fマリノスと柏レイソル戦が行われてたんですね

若干大気が不安定なため、やや揺れることもありましたが無事水平飛行へ

愛知・岐阜県境の町並みが見え、大阪北部の街の明かりが確認できたかと思うと

飛行機は着陸準備に入るとのアナウンス。寝ている暇もありませんσ(^◇^;)

眼下に姫路の街が見え、姫路駅と囲われた姫路城が確認できる

飛行機はその後左に旋回し瀬戸内海に入り、小豆島の上空を通過

無事、四国高松にタッチダウン

10分遅れて出発したのが3,4分程度の遅れで済みましたね

本日は高松市内へ宿泊です

どうやらこちらはすごい暑そうです(;^_^A アセアセ…

熱中症には気をつけないと
テーマ:国内旅行
ジャンル:旅行
 トビヘビ
2013年07月31日 (水) | 編集 |
トビヘビ
分類:小型生物
クエスト名:「空飛ぶヘビ」 
必要スキル: 生態調査3 生物学5 モン・クメール語
前提:「空飛ぶトカゲ」(トビトカゲ)
一言メモ:
インド、東南アジアから中国までの広い範囲に生息する
全長は1m以上あり、普段は木の上にいる。木の枝から飛び降りる時に
飛んでいるような感じに見えるため、トビヘビと呼ばれるようになったらしい

トビヘビ1
ジャカルタで受けられるクエ
「空飛ぶ」シリーズのヘビヴァージョン
空飛ぶトカゲを発見しているので、今度はヘビらしい。タイトルからしておぞましいw

トビヘビ2
まずはマラッカで情報を集める。情報収集と言えばまずは酒場放浪記
とりあえず、休憩所主人に聞いてみよう
どうやら船乗りが知っているらしい

トビヘビ3
休憩所にいる船乗りから話しを聞く
どうやらこの付近ではいないらしく、北のヤーディンで見かけるらしい
とりあえずは、ヤーディンに向かおう

トビヘビ4
ヤーディンの門番からそれとなく聞いてみる
ι(+_+)y聞いただけで、おぞましくゾクゾク身の毛がよだつ…σ(^◇^;)
正直確認しに行きたくないです。そんなのが飛んでこっちに向かってきたら…
まさにゴッキーが飛んで向かってくる以上におぞましい光景{{ (>_<) }}
探索もまさにヘビー級。そうならないことを祈ろう

トビヘビ5
おぞましさに負け、マリアは戦線離脱σ(^◇^;)
郊外の入り口から西に進み、南にある大岩のある広い場所のさらに南のところに
そのヘビはいた。ι(+_+)y飛んできた~
速攻で退却です…もう、ヘビはヘビーすぎるからもう矢田亜希子~

ヘヴィメタルクイーンがお届けしました…σ(^◇^;)
 ヨウガントカゲ
2013年07月30日 (火) | 編集 |
ヨウガントカゲ
分類:小型生物
クエスト名:「真っ赤な顔のトカゲ」 
必要スキル: 生態調査3 生物学5 ケチュア語
前提:「サボテンの下で」(リクイグアナ)
一言メモ:
ガラパゴス諸島に住む固有種
体長は20センチちょっととそれほど大きくはない
諸島の各島々に生息するが、その島ごとに固有種になっているようだ
画像のように顔が赤いのはメスのヨウガントカゲのようだ

ヨウガントカゲ1
リマで受けられるクエ
ガラパゴス諸島のトカゲシリーズというところか
今度はパナマに住む青年が顔の赤い小さなトカゲを見たとか
よく皆さんガラパゴス諸島に行きますね~σ(^◇^;)

ヨウガントカゲ2 ヨウガントカゲ3
見たというパナマにいる青年から話を聞こう
パナマの街の一番南にいる。どうやら、赤い顔をしたものと赤くないものがいるようだ
聞く感じだと、オスとメスの違いだろうか?
これだけ聞けば、あとはガラパゴス諸島へ行けば見つかるだろう

ヨウガントカゲ4
ガラパゴス諸島に上陸して、北東の重ね岩に青年の言うとおり顔の赤いトカゲがいた
ここはもう何度も上陸しているけど、ここは来なかったか…
今まで目のしなかったのが不思議だ…(爆)
 リクイグアナ
2013年07月30日 (火) | 編集 |
リクイグアナ
分類:中型生物
クエスト名:「サボテンの下で」 
必要スキル: 生態調査5 生物学7 ケチュア語
前提:「海に棲まうトカゲ」(ウミイグアナ)
一言メモ:
「ガラパゴスリクイグアナ」
ガラパゴス諸島に生息する固有種
普段は地面に穴を掘って生活し、サボテンを主食としている
第二次大戦中の乱獲や捕食などにより激減し、近年は地球温暖化によっても数を減らす
現在は保護などをし、なんとか絶滅は免れている

リクイグアナ1
リマで受けられるクエ
ガラパゴス諸島を発見し、様々な固有種を発見しているのが噂になっているようだ
今度はサボテンを食べる生物がいるらしいとのことでの調査依頼だ
依頼人のバルパライソの住人のところに行って話を聞こう

リクイグアナ2 リクイグアナ3
またトカゲみたいな生物らしいσ(^◇^;)
今度はサボテンを食べるらしいが、どうやら実が落ちるのを待ってるとか
そんなのを知ろうとが見に行っても平気かどうか事前調査をして欲しいらしい
まあ、そんなのを見たいって変わった物好きな気はするけれどσ(^◇^;)

リクイグアナ4
ガラパゴス諸島へ上陸。奥地に向かう
奥地入り口から、東にあるテーブル岩を過ぎ、細い道を過ぎると三叉路にぶつかる
そこを右(西)に向かうとくぼみの近くにイグアナがいる

可愛いと思うかどうかは人それぞれ。わらわは苦手だなぁ~σ(^◇^;)
 ウミイグアナ
2013年07月30日 (火) | 編集 |
ウミイグアナ
分類:中型生物
クエスト名:「海に棲まうトカゲ」 
必要スキル: 生態調査4 生物学6
前提:「迷い込んだ島の調査」(ガラパゴス諸島)
一言メモ:
ガラパゴス諸島に生息する固有種
普段は岩礁や海岸にいるが、体温が落ちると陸に上がり体温を上げる
大航海時代の頃からは食用として捕獲され個体数が減ったが
今は諸島自体が保護されている為、捕獲は減ったが気象変動での絶滅が危惧されている

ウミイグアナ1
サントドミンゴで受けられるクエ
ガラパゴス諸島生物シリーズの1つ。ここまで来るとガラパゴスも終盤になる
あまり情報量の少ない依頼だが、目撃例を頼りに探し当てよう

ウミイグアナ2 ウミイグアナ3
手っ取り早く、そのトカゲを目撃したというサントドミンゴの酒場にいる船乗りに当たろう
どうやら、そのトカゲは海に潜り、岩場で休むトカゲらしい
場所もガラパゴス諸島とわかり、探すのも苦労しなさそうだ

ウミイグアナ4
ガラパゴス諸島沖から上陸地点では上陸せずに、そのまま少し西へ向かおう
海を泳ぐトカゲみたいな生物を発見できる

こんなにあっけなく見つかるのに、今までの依頼者は何をやっていたのかσ(^◇^;)
ふと思う今日この頃でした…
 ラケットハチドリ
2013年07月30日 (火) | 編集 |
ラケットハチドリ
分類:鳥類
クエスト名:「長く美しい尾羽」 
必要スキル: 生態調査4 生物学6 ケチュア語
前提:「長い長いくちばし」(ヤリハシハチドリ)
一言メモ:
「オナガラッケトハチドリ」
ペルー北部の標高2,000mの高地にしか生息しない固有種
尾羽が長く、先端が扇状になってラケットのように見えることから付いたらしい
開発による環境破壊や乱獲により個体数は年々激減している

ラケットハチドリ1
サントドミンゴで受けられるクエ
前回はくちばしの長い鳥だったが、今度は尾羽が長い鳥の調査
南米のとある場所にいる珍しい鳥らしい。
まずはサントドミンゴの街役人から詳しい話を聞いてみよう

ラケットハチドリ2
街役人から話を聞くが、噂話を聞いたという限りで目新しい情報は得られなかった
その噂の出所である酒場で聞いた人がいると思うのでそこから情報をたぐっていこう

ラケットハチドリ3
酒場にいる船乗りが実際にその鳥を見たという
遠くから見ても分かる尾の長さ。どうやら南米大陸の高地で見かけたらしい
とりあえずは、リマに行ってさらに現地の詳しい情報を仕入れてみよう

ラケットハチドリ4
リマにいる名探検家なら知ってるかと思い話を聞く
小さい鳥だが、尾が長く先に飾りが付いている珍しい鳥のようだ
リマ北東にいるようなので、見つかることを祈りつつ探しに行こう

ラケットハチドリ5
リマ北東の入り口から一番奥の東にあるとんがり岩付近を探索していると
それらしい鳥が北の方へ飛んでいった

ラケットハチドリ6
とんがり岩から北の斜面のところで間近に見ることができた
緑色の美しい身体に身体よりも長い尾羽があり、その先には丸い飾りが付いている
なぜ、こんなかたちになったのかはよく分からないが綺麗な鳥だった
 穴の開いたドラゴンの骨
2013年07月28日 (日) | 編集 |
穴の開いたドラゴンの骨
分類:化石
クエスト名:「襟付きドラゴンの調査」 
必要スキル: 生態調査7 生物学9 スペイン語
前提:「二本足で走るトカゲ」(エリマキトカゲ)
一言メモ:
北米で発見された、耳に大きな穴が開いたドラゴンの骨
穴は聴力を増すためのものだろうか?
それとも別の用途で開いているのだろうか?

穴の開いたドラゴンの骨1
サントドミンゴで受けられるクエ
エリマキトカゲ発見の噂はもうあちこちに流れているらしい
そのトカゲのルーツが大きなドラゴンらしいという噂
とにかく確かめにいってみよう

穴の開いたドラゴンの骨2 穴の開いたドラゴンの骨3
依頼を受けたらそのままサントドミンゴの冒険者依頼仲介人から説明を聞こう
どうやら大きく穴が開いている骨があり、それが耳なのか襟なのか不明のよう
それを確かめるべく、見つけて欲しいようだ

穴の開いたドラゴンの骨4
北米大陸東岸で上陸。上陸地点から、南西の奥にある大きな木のある広いところの
奥にその骨はあった。
これがどんなものかは分からないので、専門家に調べてもらおう
 リョコウバト
2013年07月28日 (日) | 編集 |
リョコウバト
分類:鳥類
クエスト名:「大群で渡る鳥」 
必要スキル: 生態調査4 生物学6 スペイン語
前提:「虹色の神鳥」(ケツァール)
一言メモ:
北アメリカ大陸東岸に生息していたハト科の渡り鳥
かつては何十億という数がいたが、北アメリカの発展に伴い、乱獲にあい激減
1914年に最後の一羽が死に、絶滅した

リョコウバト1
ポルトベロで受けられるクエ
北米大陸の開拓街ではものすごい数の鳥の群れが目撃されているらしい
どんなものなのか、確かめてみよう

リョコウバト2
ポルトベロの酒場にいたらしいので、常連客から話しを聞いてみよう
どうやら、捕まえて商売にしようという企みらしい
光いうのがいるから、後々の未来に絶滅しちゃうんだよσ(^◇^;)

リョコウバト3
ラウル君のいう通りです。数が多いとかいう問題じゃないんです
でも、どんな鳥なのか見ておかないと確かに今後のことも考えるとね
なので、とりあえず、見たと言われる北米大陸方面へいってみよう

リョコウバト4
北米大陸東岸で上陸
上陸地点から真北にある、巨大枯れ木にその鳥はとまっていた。
さすがにすごい数だ、木の下も雪のように積もったフンが…
しかし、結果的にこの鳥は数百年後には絶滅してしまう
この調査が原因でないことを祈ろうσ(^◇^;)
 メキシコサンショウウオ
2013年07月27日 (土) | 編集 |
メキシコサンショウウオ
分類:小型生物
クエスト名:「贈り物には」 
必要スキル: 生態調査4 生物学6 マヤ諸語
一言メモ:
「メキシコサラマンダー」または「アホロトール」とも言う
日本では「ウーパールーパー」と言う方が有名らしい
メキシコのソチミルコ湖周辺にしか生息しない固有種
日本では約30年くらい前にブームになったよう
今もペットとして飼われることもあるが、個体数が少ないため規制があるようだ

メキシコサンショウウオ1
ポルトベロで受けられるクエ
また色濃いお助けネタのクエのよう
自分で行く力がないなら、自分で出来る範囲で探そうよσ(^◇^;)

メキシコサンショウウオ2 メキシコサンショウウオ3
ポルトベロ左の海岸に娘と一緒にいる若い男が依頼人だ
話しを聞くと北西の湾のほうに可愛い水生生物がいるらしい
「あの娘」とは脇にいる子だろうか…それなら彼女はラウルに夢中なはずσ(^◇^;)

メキシコサンショウウオ4
ポルトベロの酒場にいる船乗りから話しを聞いたそうなので、こっちも話しを聞いてみよう
どうやら見た目はトカゲのような感じらしい
まあ、普通なら喜ばないとは思いますが、別に受け取る受け取らないは知った事じゃないんで

メキシコサンショウウオ5
メキシコ湾南西岸に上陸。上陸地点から南西に少しいったとんがり岩から
少し南にいったところにいた
普通に黒っぽいのもいたが、綺麗なピンク色のもいる
どうやらピンク色のは幼体のようだ
何気に愛嬌はあるけど、これを喜ぶのかは分からないσ(^◇^;)
 プラチナコガネ
2013年07月27日 (土) | 編集 |
プラチナコガネ
分類:虫類
クエスト名:「謎の光」 
必要スキル: 生態調査9 生物学11 スペイン語
前提:「力強い肢体」(ヘラクレスオオカブト)
一言メモ:
中南米の雲霧林の山地に生息する
金属のような光沢があり、金色、銀色を始め赤や緑色をした個体もある
あまりの光沢に周囲まで光ると言われ「森の宝石」とも言われている

プラチナコガネ1
ポルトベロとサントドミンゴで受けられるクエ
調査隊がおかしな現象を目撃したという
なのに、生物学面から調査するとはちょっとどうなのか
まあ見込みがあるのだろう。まずはジャマイカに言ってみよう

プラチナコガネ2
まずは情報収集。と言うことで、酒場のマスターから話しを聞いてみよう
どうやら、右にいる船乗りがその調査に同行したようなので、情報は集まるだろう

プラチナコガネ3 プラチナコガネ4
船乗りからその時の状況を聞ける
虫のようなものが飛んでいったと言うことで、生物学面からと言うことなのか
状況を確実にするため、もう1人見たという者からも話しを聞きに行こう

プラチナコガネ5 プラチナコガネ6
ハバナの酒場にいる船乗りから話しを聞くが、どうやら状況は同じで、綺麗な光らしい
別に「セントエルモの火」じゃないんだからσ(^◇^;)
それより、酋長がどうも思い当たることがあるらしいので、
思い出してくれるのを祈りつつ酋長を訪ねてみよう

プラチナコガネ7 プラチナコガネ8 プラチナコガネ9 プラチナコガネ10
ハバナのウアレオ酋長と話しをすると、どうやら昔にも同じ事を聞いたようで
同じ冒険家からだったようだ。頭をベシベシ叩いたら何とか思い出してもらったσ(^◇^;)
どうも小さな生物で飛ぶものらしい。
メリダへ向かい発見しに行こう

プラチナコガネ11
メリダ郊外に生き、ずっと南の赤い花から、西へ向かう小道を歩いていると
輝くような光が木から発光していた。見てみると、小さい昆虫が光っている
どうやってこんな輝きをするのか不思議に思いながらも現場をあとにする
 アオアシカツオドリ
2013年07月26日 (金) | 編集 |
アオアシカツオドリ
分類:鳥類
クエスト名:「可愛い変わり者」 
必要スキル: 生態調査5 生物学7
前提:「森の奥の謎」(ダーウィン湖)
一言メモ:
ガラパゴス諸島の固有種。綺麗な青の足から「青脚鰹鳥」と名付けられた
雌のほうがやや大きく、オスは求愛行動の時に脚を片方ずつ交互に上げながら
ダンスをするような行動が滑稽で可愛い

アオアシカツオドリ1  
ポルトベロで受けられるクエ
街娘からの依頼だが、なんかいわくというかいやな予感がよぎる
気乗りはしないが、とりあえずやるだけやってみよう

アオアシカツオドリ2 アオアシカツオドリ3
ポルトベロの街の海岸のところにいる娘が依頼主だ
どうやらラウルに近づきたいらしい…そんな理由かいσ(^◇^;)
ホスト(じゃないって)につぎ込んだらロクな事ないよ…と言いたいのを押さえよう
しかし、探し出すものが漠然としすぎている

アオアシカツオドリ4
こっそりとポルトベロの酒場マスターから話しを探ってみよう
ラウルが興味を持っているものが分かれば、とりあえずは絞れるだろう
どうやらガラパゴス諸島の動物に興味を抱いているようだ
この前ペンギン見つけたけど、それじゃダメかって…だよね…
仕方ないから、運河を渡ってパナマへ行こう

アオアシカツオドリ5
パナマに着いたら、船乗りから情報を集めてみよう
大変だと思うなら、変わってもいいんですが…
同情するなら金をくれ! じゃないや 情報をくれσ(^◇^;)
青い足の鳥という情報をもらったが、詳しい話しを聞きにアカプルコへ移動

アオアシカツオドリ6 アオアシカツオドリ7
アカプルコに行ったら、街の南東の奥にいる、住人(生物学者婦人)に会い
その青い足の鳥の詳しい情報を聞いてみよう
どうやらいろいろと珍しい方法で、メス鳥の気を引いて求愛しているようだ
確かにうってつけかも知れないが…σ(^◇^;)
まあ、ガラパゴス諸島へ行って、実物を見にいってみよう

アオアシカツオドリ8
ガラパゴス島の奥地へ入り、奥地入り口のすぐ南にある斜め岩から
右(北西)に向かう道の途中にその鳥はいた
確かに綺麗な青の足である。変わった行動は求愛の仕草か

さて、これであの子がラウルと仲良くなれるかは知った事じゃないσ(^◇^;)
あくまであとは自助努力なので。そこまでサポートは出来ません
 ビクーニャ
2013年07月24日 (水) | 編集 |
ビクーニャ
分類:大型生物
クエスト名:「グアナゴに似た生物」 
必要スキル: 生態調査4 生物学6 ケチュア語
前提:ラクダに似た動物」
一言メモ:
アンデス地方に生息する草食動物で、ラクダの仲間である
一時は食肉用と体毛を取るために乱獲にあい個体数が激減したが、
現在は個体数もかなり増えてきた。
今でも体毛は毛織物として重宝されている

ビクーニャ1
サントドミンゴとポルトベロで受けられるクエ
以前探した「グアナゴ」に似ている動物がいるそうだ
まずはメリダで旅の学者から詳しい話しを聞いてみよう

ビクーニャ2 ビクーニャ3  
メリダの南のどん詰まりにいる、旅の学者から話しを聞く
グアナゴとの違いを結構詳しく調べているようだ
ここまで来たら自分で発見すれば…σ(^◇^;)

ビクーニャ4 ビクーニャ5    
もっと詳しい情報をつかんでいるという、リマの名探偵家から話しを聞こう
毛の質が良く、その毛で作られた衣装は王族のものしか着れない高価なものらしい
普通にいるようなので、探すのは難しくないだろう

 ビクーニャ6  
リマ北の郊外に出て、西側のエリアの南にある逆さ岩の手前辺りにいる
のんびりたむろっているが、確かにラクダ顔な気はする
 オセロット
2013年07月23日 (火) | 編集 |
オセロット
分類:中型生物
クエスト名:「姿を見せない生物」 
必要スキル: 生態調査5 生物学7 マヤ諸語
前提:「猟犬」
一言メモ:
南米のアマゾン熱帯雨林やメキシコなどに生息するネコ科の動物
外観はジャガーやヒョウのようで、体長は1m位と大きめ
ネコ科の動物にしては泳ぎが得意
人に懐きやすい正確のため、ペットとして飼われる場合もある
さらに毛皮は高値で取引されるため、乱獲にあい個体数は年々減っている

オセロット1    
ポルトベロで受けられるクエ
サーバルを発見しているとその噂が流れるらしい
まずは噂の出所である、酒場マスターに話しを聞いてみよう

オセロット2
メリダのほうで、あまり見かけないネコを見かけた人が居るらしい
「ネコ」と言うと、心躍るが、凶暴だったら結構危ない
まあ、とりあえずはメリダに行ってみよう

オセロット3   
目撃をしたというメリダの門番から話しを聞く
ネコらしいのだが、夜だったようでよく分からないらしい
とりあえず、街役人に相談したそうだから、調査をしているかどうか確認してみよう

オセロット4 オセロット5  
メリダの街役人から話しを聞いてみたが、どうも姿を現さないらしい
しかし、同じ場所でフンをするそうなので、そこに張っていればいずれはやってくるだろう
って、はじめから分かってるなら張り込めよってσ(^◇^;)

オセロット6   
郊外に出て、奥地へ向かう途中の北西にあるとんがり岩付近に
街役人が言うフンのたまり場がある
そこから東の方向に足跡が残っている、たどってみよう

オセロット7
ほどなく、そのネコのような動物を発見する
街役人はどこを探していたことやら…σ(^◇^;)
ちょっと大きく凛々しいネコの感じだ
懐くならちょっと持って帰りたくなる衝動に駆られそうだσ(^◇^;)
 オタリア
2013年07月22日 (月) | 編集 |
オタリア
分類:海洋生物
クエスト名:「巨大海獣」 
必要スキル: 生態調査5 生物学7 マヤ諸語
前提:
「セバルド島のさらなる調査」(オウサマペンギン)
一言メモ:
南米大陸の南岸部沿岸に生息する、アシカの仲間
雄には鬣があり、体長も2mを越える
魚などを主に食べているが、シャチとは天敵であり、よく格闘する映像が見られる

オタリア1  
リオデジャネイロで受けられるクエ
セバルド島の連続クエ
どうやら島に鬣がある巨大生物が居るという目撃情報があるらしい
まずは、酒場に行って情報の出所を探ってみよう

オタリア2 オタリア3
オタリア4
酒場のマスターから、巨大生物の噂話を訪ねてみると、立ち寄った船乗りが話していたらしい
ジゼルが聞いていたそうだから、ジゼルに話しを聞こうとするが、なぜが歯切れが悪い…
何となくいやな予感がするが…しばらくはマスターとジゼルのやりとりを見てみよう

オタリア5 オタリア6 オタリア7  
さすがはマスター。長くつきあっているのであしらい方をご存じのようでσ(^◇^;)
とりあえずはサンアントニオの船乗りが情報源と言うことだけは分かった
まだ居ることを祈り、サンアントニオへ向かおう

オタリア8  
サンアントニオの酒場にちょうどその船乗りが居てくれたので、話を聞くことができた
どうやらセバルド島の島から離れた海にいるようだ
とりあえず、場所は分かったのであとは行って探してみよう

オタリア9  
セバルド島(フォークランド諸島)の島と島の間の海峡にその巨大生物がいた
ものすごい大きさだが、どうやら凶暴ではなさそうだ
あまり邪魔をしないで、速やかに撤収しよう
 ガラパゴスペンギン
2013年07月22日 (月) | 編集 |
ガラパゴスペンギン  
分類:海洋生物
クエスト名:「バルディ頭取の興味」 
必要スキル: 生態調査5 生物学7 マヤ諸語
前提:
「迷い込んだ島の調査」(ガラパゴス諸島)
「セバルド島のさらなる調査」(オウサマペンギン)
一言メモ:
赤道に一番近いところに生息するペンギン
ガラパゴス諸島のごく一部に生息する
近年は移入された動物や乱獲により、個体数が激減している

ガラパゴスペンギン1  
リスボンで受けられるクエ
前提がかなりある為、ここまで来るにはそれなりにかかる

ガラパゴスペンギン2 ガラパゴスペンギン3  
早速依頼主である、リスボンにいるバルディ頭取から話を聞こう
どうやら、とある船乗りから、暑い地域に生息するペンギンの話を聞いたそうだ
ペンギンと言えば寒い南極とかに住むのが代名詞
実際にいるのか。居るならどうやって暑さをしのいでいるのか調べて欲しいらしい

ガラパゴスペンギン4  
興味を持っていたという、リスボンの学者からも話を聞いてみよう
どうやら、住んでいる地域は海流が冷たく、生息をすることができるようだ
しかし、海にいるとき以外の方法は不明だそうだ
とりあえずは、話をしていた船乗りを訪ねてカリブへ向かおう

ガラパゴスペンギン5 ガラパゴスペンギン6  
カリブのサンファンの酒場にたむろってる船乗りから事情を聞いてみよう
どうやら背中を丸めたり、荒い息をするのが暑さをしのぐ方法なのかもしれない
ここまで来たら、ガラパゴス諸島へ行って、実際に見に行ってみよう

ガラパゴスペンギン7  
上陸地点から東の方向、南東の大岩付近の岩場の海岸にペンギンたちが休んでいた
太陽に背中を向けているので、これが暑さをしのぐ方法の一つのようだ

せっかく水着なので、泳ごうかと思ったけれど、岩場で大変そうだσ(^◇^;)
残念ながら引き上げよう…
 梅沢富美男・中村玉緒 特別公演
2013年07月21日 (日) | 編集 |
本日は、東京・日本橋浜町にある明治座で行われている

梅沢富美男・中村玉緒 特別公演へ行ってまいりました

面白半分というわけでもないのですが、一度は見てみたいと思い

機会がありましたので、1つの知識として見て参りました

さて、今回の特別ゲストは「中村玉緒」

言わずと知れた、勝新太郎の奥様であり、父親は先々代の雁治郎です

兄弟には人間国宝である坂田藤十郎という芸能一家です

かたや梅沢富美男は「下町の玉三郎」という異名を持つ

大衆演劇の劇団の座長です

公演は3部構成となっており、演劇、オンステージ、舞踊となってます

第1部 与五郎 恋のいろは
 遊び一つも知らない、大店の若旦那与五郎
 許嫁にも目もくれず仕事一途で周りは困り果てています
 そこへ、吉原へ連れて行けば遊びの1つでも覚えるだろうと
 騙して、吉原へ連れて行きます
 そこでたまたま見かけた花魁道中。与五郎はそれを見て一目惚れ
 それ以降仕事も手に付かず、困った周りの人たちは
 その時通った花魁に人目あわせようと試みます
 しかし、与五郎が惚れていたのは花魁ではなくそのお付きの人だった
 結婚を認めない周りに彼女はもし2年間移り気がなければ一緒にさせて欲しいと提案
 さて、2年の月日が流れますが…

大衆演劇的なドタバタありの笑いあり、涙あり?の内容になっていましたね

第2部 梅沢富美男オンステージ
 こちらは梅沢富美男の歌のステージです
 まあ、普通の人は「夢芝居」しかしらないですよね。わらわもですが…
 この「夢芝居」は唯一のミリオンセラーのようですね
 でも、実際には140曲以上持っているそうです
 これを聴いた観客席から「エ~?」の声が(爆)

第3部 花鳥風月 夢の舞踊絵巻
 ここが「下町の玉三郎」と言われるところですね
 今回はこの女形の踊りが見たかったのです
 まさに大衆演劇の女形という感じですね。
 今回は美空ひばりの「みだれ髪」にあわせて踊りを披露
 その他いろいろと1時間程踊りをした最後は、
 久しぶりの皆勤の宙乗りを努めて公演は終了しました

確かに、若い頃は綺麗な女形だったんでしょうねぇ

今はちょっとふくよかな気もしますが…σ(^◇^;)

たまにはこういう大衆演芸も楽しいかも知れませんね


さて、話しは変わりますが

8月にはいよいよ、「新歌舞伎座」の中へ入ります

さて、新しい歌舞伎座の中はどうなっているでしょうか

写真付きでご報告しますので、こうご期待(してないって)
テーマ:演劇・劇団
ジャンル:学問・文化・芸術
 スタジオジブリ最新作「風立ちぬ」 ネタバレ注意?
2013年07月21日 (日) | 編集 |
本日(20日)より公開になりました、

スタジオジブリ最新作「風立ちぬ」を見て参りました

「堀越二郎と堀辰雄に敬意を込めて」

と言うフレーズから始まります

「風立ちぬ」は敬意を込める2人のうちのひとり、堀辰雄が書いた小説なのです

堀辰雄は昭和初期の作家でどちらかというとプロレタリア文学になるのでしょうか

堀辰雄は肺結核を患い、時折軽井沢で療養をしていました

そこで知り合った女性と婚約をするが、彼女も肺結核を患っており

ともに八ヶ岳山麓の療養所で治療を受けるのです。

しかし、彼女は程なく亡くなってしまいます。

これが「風立ちぬ」のストーリーの基となっているのですね

映画は、もう一人の敬意を表す「堀越二郎」の幼少期から始まります

飛行機が好きで、将来は自分で飛行機を作り飛ばしたい

そんな夢を描いていた少年だったようです

さて「堀越二郎」は言わずと知れた零式艦上戦闘機(零戦)の設計者です

言わずと知れたと言ってもマニアしか知らないって…σ(^◇^;)

時々、夢と現実を織り交ぜながらストーリーは進んでいきます

多少ややこしいですかね…

月日は移り、主人公、堀越二郎は大学生になってます

実家(多分藤岡市)から東京の本郷へ戻る汽車の中で運命の出会いをするのです

そしてその直後、帝都東京を「関東大震災」が襲い街は壊滅します

堀越二郎は、東京帝国大学(現東京大学)の工学部を主席で卒業したそうです

関東大震災の表現は、ジブリらしい?独特な表現方法となっいます

さらに月日は移り、堀越二郎は鳴り物入りで三菱内燃機製造(現三菱重工)に入社

当時、日本は戦争への道へ進みつつ時代で、新しく性能の良い戦闘機が求められていました

いろいろ試作を重ね、ドイツへ渡り、各国を見て回りました

しかしなかなか、思うような飛行機が作れず悲壮に暮れ、軽井沢へ静養に行きます

そしてその時に、汽車で知り合った彼女「菜穂子」に再開するのです

この辺りから、「風たちぬ」のストーリーとリンクし始めます

この「菜穂子」は堀辰雄の小説「菜穂子」から取ったのでしょうか

そして2人は軽井沢で結婚の約束をし、二郎は帰って行くのです

帰ると、日本は中国との戦闘状態の上、欧米諸国とも戦争をしようという機運になってます

日本海軍も空母に着艦できる新たな艦上戦闘機をほしがっていました

そこで二郎が試作機として作り上げたのが「九試単座戦闘機」です

「風立ちぬ」のポスターなどでもでている戦闘機、あれがそれにあたります

こののち九六式艦上戦闘機となり、後々、ゼロ戦へと発展していくわけです

菜穂子は最後に療養所へ戻り、程なくして亡くなってしまうのでしょう


時代背景が、大震災、そして戦争という、動乱の時代ですが、決して暗さはなく

戦争の緊張感もアニメからはあまり感じられません。唯一「特高」に狙われるくらいでしょうか

ちなみに「特高」とは「特別高等警察」のこと。思想犯などを取り締まる特殊な警察組織でしょうか

今作品は2時間6分と、ジブリの映画では最長になります

その中で約3分の2は堀越二郎の半生を描いたストーリーです

そして後半、「風立ちぬ」の原作が混ざったストーリー展開となります

正直、堀越二郎と「風立ちぬ」を掛け合わせる意味があったのかというのは疑問符です

確かに堀越二郎のストーリーだけでは間が持たないと言うことなんでしょうか

当初言われていた主人公の声優の起用についてですが、

始まった当初は違和感を感じましたが、次第になれてくると溶け込んでいたように感じます

これは人それぞれの感じ方でしょうかね

「トトロ」や「ラピュタ」のジブリというイメージで見てしまうと期待を裏切られた感がすると思います

ここは、そういう昔のジブリの概念はなしで見るのが無難ではないでしょうか

ストーリーはある意味大人の純愛ものもとっているので、

子供を連れての家族で見にいく映画ではありませんね

大人だけで行くことをお勧めします

あくまで個人的なところとすると、5点満点中、3.8点というところでしょうか

わらわとしては堀越二郎と堀辰雄を強引にあわせる必要性があったのかというのもあり減点しました

それと万人受けをするストーリーではないと言うことも減点材料でしょうか

正直、ジブリ作品を映画館で見たのはこれが2作品目なのです。以外と見にいってないw

最後に流れるエンディングテーマ、荒井由美「ひこうき雲」はすごいマッチングしていました

まさにこの映画のためにという感じは受けて取れます。

もちろん、歌は相当昔に歌われた歌ですが…

ここ数作品、どちらかというと疑問符の多いジブリ作品。今回はどうでるでしょうかね

最後にこの映画で良く出る言葉「風立ちぬ いざ生きめやも」

これはポール・ヴァレリーの「海辺の墓地」の詩の一節だそうです
テーマ:ジブリ
ジャンル:映画
 夏だ!花火の季節だ
2013年07月20日 (土) | 編集 |
今年も、いよいよ各地で花火大会が開催される時期になってきました

今日は東京・足立区で足立の花火大会

そして来週は浅草・隅田川での花火大会です


そして、夏は過ぎてしまいますが、今年もいよいよ開催が決まりました

第82回 土浦全国花火競技大会

こちらは毎年、茨城県の土浦市で10月の第1土曜日に開催されています

普通の花火大会ではなく、全国の花火師達が技術力を競う大会になっています

そして、秋田の大曲(大仙市)、新潟の長岡とならんで、

日本三大花火の1つとして、ここ数年は知名度が増し約70万人の人出になります

毎年桟敷席を取り、楽しんではいますが、ここ数年は確保が大変になっています


この大会は競技大会ですので、普通の大会と違い、上げる順番が決まっています

番号、花火のタイトル、花火師の社名をアナウンスし、上げるのです

なので花火と花火の間のタイムラグは普通の花火大会よりはあるでしょう

でもあくまで競技会と言うことを念頭に置いておけばそこはクリアできるものです

競う花火の部門は3つあり、

1.10号玉の部
  1尺玉(直径30㎝)の花火を1発だけ上げる1発勝負の部門です
  1つの玉に花火師の技術を詰め込んでいます。花火師の技術力が問われます
  見事上がれば高さ300m、直径約300mの大輪が夜空に咲きます
  炸裂時の衝撃波を強く感じることが出来、桟敷だと間近に迫ってきます

2.創造花火の部
  こちらは変わり種の5号玉を7発上げる部門です
  花火で文字や、果物、動物、人物など様々な形を表現します
  なかには???と言うものも多数?ありますが、そこは楽しみながらみ
  花火師の創造性と発想、そして運が勝負の分かれ目でしょうか

3.スターマインの部
  花火をテーマソングにあわせて打ち上げる部門です
  花火のサイズ、数、制限時間が決められていて
  音楽に合わせて花火を次々と上げていきます
  種類の多さ、構成力等が試される部門で、花形と言えば花形ですね

こんな構成で、約2時間半の開催です

中間では、大会主催のワイドスターマインもここ数年は観客の人気を集めています

日本の花火技術は世界一と言っても過言ではないと思います

そんななかで厳選された花火師達が、技術の限りを尽くす大会です

普段では見れない花火、すばらしい花火が連発するのは間違いありません


街は当日は大渋滞を起こしますが、皆様いかがでしょうか?
テーマ:つぶやき
ジャンル:日記
 ズールコールのサマーギフト
2013年07月20日 (土) | 編集 |
久しぶり?に大航海ネタですかねσ(^◇^;)

限定水着「バニャドール」が手に入ると言うことで、

イヤイヤ?ながらにズールコール海賊を襲ってみました

わざわざ遠出するのも面倒なので、ロンドンの近場で襲いかかってみます

ズール1

今回は前回などと違って、雑魚中の雑魚です

わざわざアイアンサイズを繰り出す程でもないんですけどね…

まあ、大砲積まず、収奪・強奪でいろいろ奪い取っています

ズール2

サマーギフトやクールギフトをそれなりに奪い取れます

そして、なんとなんと、狙ってたわけではないんですが…

エスケープ

なんとこんなものまで奪い取ってしまいました

目立ちますね…これσ(^◇^;)

かっこいいかどうかは微妙ですけど。しばらくつけてみようかなと

さて、無事にギフトも集まったので

ズール3

バニャドールに引き替えてみました

数が集まったと言うことで、早速記念撮影

水着

水着と言えばやっぱり海!

そしてなんと言っても麦わら帽子に、ビーチサンダル!

でもなんか、サンダル良く見ると…

古い旅館のトイレ用の木で出来たサンダルみたいに見えてしまうのは考えすぎだろうか(^◇^;)

そして、水着姿に武器ってなんか不気味です

ギャグではないですσ(^◇^;)

言われなきゃ気づかないって…


これを撮るの結構苦労しましたフキフキ ""A^^;

手は2本、操作するキャラは3体

ちょっと、スクリーンショットコンテストにでもチャレンジするかな(爆
 大江山 と 大枝山
2013年07月17日 (水) | 編集 |
どうも、最近大航海ネタでなくてすいません(._.)オジギ

懲りない面々で…今度は2つの「おおえやま」を

1つは京都府の丹後地方にある、鬼退治伝説で有名な「大江山」

もう1つは、こちらは地元でないと知らないと言うくらいマイナーな

京都市と亀岡市の市境にある「大枝山」

「大江山」は言わずと知れた鬼退治伝説で有名な観光地?ですね

「古事記」からの記載がある歴史ある場所です

土蜘蛛の伝説、そして言わずと知れた酒呑童子が非常に有名です

どちらも能と歌舞伎の演目としても題材になっているほどです

そして「大枝山」。こちらも「万葉集」などにも出てくる実は有名な場所なのです

この山の峠は「老ノ坂峠」と呼ばれ、一ノ谷へ向かう「源義経」、

六波羅へ向かう「足利尊氏」、

そして本能寺へ向かった「明智光秀」がここを通過してます


さて、この「大枝山」には「首塚」というものがあり、「首塚大明神」があります

調べてみると、ここは結構有名?な心霊スポットのようです

では、ここはいったい誰の首塚なのでしょうか?


なんと「酒呑童子」の首塚と伝えられています


あれっ?と思う方もいるでしょう。

もちろん、言い伝えなので真偽のほどはわかりません

「酒呑童子」が「源頼光」に退治されたのは、この「大枝山」ではと言う説になるのです

多分、「酒呑童子」は普段は丹後の「大江山」に棲んでいたのでしょう

そして、京の都に悪さをしに行くため「老ノ坂峠」を通ってきたのでしょう

ある日、「源頼光」がこの「大枝山」で退治をし、

「童子切」で首を落とし、この地に埋葬されたのではないでしょうか

と言う仮説も出ないわけではないですね。あくまで私的な妄想ですが…σ(^◇^;)

ちなみにその「童子切」は国宝で現在、東京の国立博物館にあります

2つの「おおえやま」。わらわはどちらもまだ行ったことはありません

「大江山」は普通に観光客が訪れる自然豊かな山間の場所のようです

片や「大枝山」は訪れる人も少なく、うっそうと茂った林の奥にひっそりとあるようです

雰囲気からしても「大枝山」には霊気漂う場所のようです

そんな違いからしても「大枝山」に「酒呑童子」の首は現実味を予感させてくれますね

あくまで伝承なので、そこはいろいろな説があって面白いと思いますね


さて歴史の古い京都の街。いろいろな妖怪伝説もあるようです

今年の秋か冬には訪れてみたいものです

そして、たまには「百鬼夜行」も面白いかも知れませんね
テーマ:京都
ジャンル:旅行
 幽霊子育飴
2013年07月17日 (水) | 編集 |
さてさて、京都を舞台にした物語は、まだまだ先が長そうです

こういう小説などを読むと、職業柄?どうしても、

「なんだこれ?」

と思うものは、すぐに調べないと済まない性分なせいか

最近はこの手の本を読むのを敬遠してました


ちょっと話しは脱線しますが…

今やスマートフォンが当たり前の時代になってきました

当然、わらわもスマートフォンを使ってましたが、これがなかなか曲者

1.動作が重いので検索がストレス

2.直ぐにフリーズしてしまう

3.結局画面が小さいので情報が見にくい

4.バッテリーの消耗が激しく半日も使うとバッテリー切れをする

5.いらないアプリが多く消すことが出来ない

などなど、正直スマホにすごいストレスを感じています

それでいてデータ通信に月5,000円以上と割高感は否めません

と言うわけで、ここに至り、脱スマホを目指そうと考えてました

そんな大仰しく言ってはいますが、

スマホのデータ通信の部分をタブレットにするだけなのですσ(^◇^;)

今あるスマホは実質、通話、メール、おサイフ携帯のみの使用にし

それ以外はタブレットを使うというシフトにするだけなのです

実際にワイファイを持っていますのでワイファイに対応すれば良いのです

そこで目を付けたのが、iPadのRetinaディスプレイモデル

人によっては大きすぎると言う意見もありますが、やっぱりminiでは小さい気がします

これにはワイファイモデルというのがあり、

ソフトバンクやauに入らなくてもワイファイあれば使えるのです

その代わり本体は家電量販店で買っても割引にはならず一括で買うのですが…

実際に見にいってみると、非常に薄いです。思ったより重量は感じませんでした

でも、噂通り使っていると熱くなると言うのは本当のようです

結局カバーを付けてするので、カバーの重量は追加されますが…

本体が熱くなるのはカバーで遮られて感じることはないですね

店舗は一生懸命、どこかに入れて月4,000円だけで本体含んで使えますよ~

としきりにそっちに誘導しようとしていますが、

わらわはこうと言ったら言うこと聞かない達なので…ABの性分ですねσ(^◇^;)

動画をたくさん入れるわけでもなく、音楽もウォークマンがあるので

特にお気に入りの曲(臼澤みさきや宇多田ヒカル)入れるくらいかな

そういう感じなので32Gタイプにしました。

それでも本体は約6万円…決して安くはないですねσ(^◇^;)

そんなこんなで、10日が経ちました

正直、すごい重宝しています。スマホはバックから出ることはなくなりました

直ぐにその場で検索できたりするのは同じですが、非常に速くスムーズ

重いとか感じずストレスがありません。画面も大きく綺麗で見やすいです

そして、重宝している1つに、電子書籍なのです

本を持ち歩く必要がなく、非常に重宝。電車の中でも読みやすくとても良いですね

紙ベースが衰退していくのが分かる気がしますσ(^◇^;)


脱線が長すぎましたねσ(^◇^;) 本題に戻ります

「幽霊子育飴」というものが京都にあるそうです

早速検索をしてみました(こういうのはタブレットは便利)

松原通を清水寺に向かっていく途中、六波羅蜜寺の近くにそのお店はあります

「みなとや幽霊子育飴本舗」お店の名前がまさにそんな名前なのです

いかにもおどろおどろしい名前で不気味さを感じますが、

どうもこれは京都の人にとってはごく普通に知っているものらしいのです

(まあ、そこの真意は京都在住のウォッチャーの方によろしく!)

こちらのお店のHPに由来が書いてありますが

ある女性が、子供を身ごもったまま死んでしまい、当時は土葬されたそうです

しかしお腹の子供はそのままお腹の中で成長してお墓の中で誕生したそうです

しかしこのままでは死んでしまう赤ん坊のため、

死んでしまった母親が幽霊になり夜な夜な、ここの飴を買いに来ては赤ん坊に与えていたのです

ある日不審に思った店主がこの女性の後を付けるとお墓の中から赤ん坊の泣き声が

墓を掘ってみると飴を咥えた赤ん坊が出てきたとのこと

京都ならでは?のお話ではないでしょうかね。

その後、その子は8歳まで飴屋で育てられ僧侶になり68年の生涯を刻んだそうですが…


ちなみに飴は、琥珀色の割ったようなシンプルな飴です

小で300円、大で500円です

是非、京都に行った時は話題作りにいかがでしょうか

わらわも今度京都に行ったら寄ってみよう


ちょっと余談が長すぎました…\(__ ) ハンセィ
テーマ:京都
ジャンル:旅行
 最近は…
2013年07月16日 (火) | 編集 |
こんな拙いブログでも見ていてくれる人がいるのは

正直嬉しいですね~∈^0^∋

最近は、すれ違ったり、行き会ったりすると

挨拶してくれたり、声をかけてくれる方も出てきました

こちらに移って再開してそれなりになりますが、

浸透しているんですね~♪


ここのところの猛暑でややばて気味になっております(;^_^A アセアセ…

インしても行動力が減退していたりとちょっとイージー気味w

なんとか太平洋高気圧の勢力が落ち、オホーツク高気圧が張り出してきたおかげで

今日あたりは少し過ごしやすい日になりましたね


大航海オンライン以外の話題も多いので、大航海ネタを期待する人には

ちょっと物足りないかもしれませんが…

改めて、これからもちょこちょこと更新していきますので

ご贔屓の程よろしくです(._.)オジギ
 鎌倉頭巾なるものを見つける
2013年07月13日 (土) | 編集 |
暑い最中、昨日は鎌倉方面へ仕事で行ってまいりました

とは言え、さすがは海の近い鎌倉、海からの風が心地よく、日陰なら涼しさも感じられました

土日では観光客が多すぎて町並みなどものんびりと歩くこともままなりません

世界遺産になれなかったとは言え、十分に観光客が訪れる街なのですね

さて、お昼すぎに息抜きがてら、土日では多すぎてなかなかのんびり出来ない小町通りを散策

こうやって良く見ると、まだまだ普通の商店や何気ないお店もまだ多いんですね

そんなこんなで何気に見つけたお店

鎌 倉 屋

昔からある頭巾をいろいろアレンジして被る、帽子のような感じです

「モヤモヤさま~ず」という番組で紹介されたそうですが…

わらわはこの番組は見たことはないのでσ(^◇^;)

頭巾やバンダナ風にして被るの良いですね~

さらにこのお店、決して大きな店舗ではないのですが、50代くらいの男性店員が1人

中に入ると、ウェアーが所狭しとあります。

こちらも最近話題になりつつある「鎌倉アロハ」です

デザイン的には中高年層の男女というイメージですが、古都らしい独特な日本の柄ですね

アロハというと華やかなハイビスカスの図柄とかイメージですが、

「鎌倉アロハ」は風神雷神、龍、唐草など、江戸的な図柄のようです

これから全国展開なども視野に入っているそうなので、興味がありましたらどうぞ

ちなみに、わらわはこの日は「かりゆしウェア」でした(笑


さて、余談ですが、鎌倉が世界遺産になれなかったことについて

トイレの数が少ないこと

ゴミ箱が少ないこと

コインロッカーも非常に少ない

そんな細かいところも審査基準になるんですね

結局、取り消しになり、市民はどちらかというと世界遺産登録には消極的になっているようです

市行政だけが息巻いている雰囲気を感じました

市民の言うところ、世界遺産にならなくても十分に観光客が来ているということのようです

確かに一時少なかった頃もありましたが、今は休みともなるとすごい人出になっています

これ以上増えたからといって、街自体のキャパが限界点になるのではないでしょうか

あまり人が増えすぎて、せっかく行ったのに人混みで風情がなかった…となるのはマイナス


わらわが去年行った、石見銀山も言わずと知れた世界遺産です

しかしながら夏休みにもかかわらず、人出はそんなに多いとは言い切れませんでした

特にその街で泊まろうという人は稀少なのです

一時は世界遺産ブームで人出が増えたそうですが、今は忘れ去られたような街でした

その分、観光客の少ない町並みを歩けたので良かったんですけどね


今や、富士山が世界遺産と言うことで連日報道され騒がれています

登山道を見上げれば人の行列が蛇のようにうねっているそうです

正直、世界遺産の意義ってこういうことのためにあるのか、わらわにとっては疑問符がついてます

わらわもいずれは一度登ってみたいとは思いますが…

世界遺産登録 = 世界で認めた観光地としてのお墨付き

というのが、どうも今の日本(日本に限らないかも知れませんが)にはあるように感じてます

結局、整備もままならず世界遺産になり、キャパを超えてしまうであろう富士山

異例の3年後に調査をするそうですが、

その時に登録抹消という憂き目にあわないことを祈るばかりです

そう考えると、鎌倉が世界遺産にならなかったことはある意味良かったのかも知れませんね

わらわにとっては今でも十分に魅力ありますしね

ちょっとだけ私的な意見を…
テーマ:ぶらり旅
ジャンル:旅行
 京都の通り名を歌で覚える
2013年07月10日 (水) | 編集 |
今更?と思う方も多々いるかと思います

今、ちょっと京都が舞台となっている本を読んでまして、

ついついインパクトを感じ調べてしまいました

ご存じの通り、京都の町はまさに碁盤の目というような街になっています

そして、歴史も古い京都ならではの道の通り名があります

京都に行って、だいたい聞く通りというと「烏丸通り」「四条通」などでしょうか

何度も京都に行きますが、通り名を聞くと歴史を感じますね

しかしながら、何度行ってもよそ者がその通りを覚えるのはなかなか難しいものです

地元の人でも慣れで覚えてしまうんでしょうけど、なかなかそうはいかないと思います

と言うことで、地元?では、その通り名を覚えるための歌があるのです

当然、碁盤の目になっているので、横の線の東西、縦の線の南北があるわけです


まずは、横の線、東西から

丸竹夷二押御池

姉三六角蛸錦

四綾仏高松万五条

雪駄ちゃらちゃら魚の棚

六条三哲とおりすぎ

七条こえれば八九条

十条東寺でとどめさす

京都の通りを北から南に下がりながら唄っています

京都御所の南を通る、丸太町通りから、東寺よりも更に南の十条通りまでを詩にしています


続いては縦の線、南北編

寺御幸麩屋町富柳堺

高間東車屋町

烏両替室衣

新町釜座西小川

油醒ヶ井で堀川の水

葭屋猪黒大宮へ

松日暮に智恵光院

浄福千本はては西陣

こちらのほうが何となく難しいですねσ(^◇^;)

縦の線は東から左へ西に向けて唄っています

鴨川の西から壬生寺の西にある千本通り

最後は地名の西陣です


実際に京都の子供達がこれを唄って覚えていたんでしょうかね?

真意のほどは分かりませんが、そういう時代もあったんでしょうね

まあ、ここにちょくちょく来る京都出身の方にコメントを期待しましょう(爆

ちなみに、東西の通り名の唄には別バージョンがあるそうですね

興味があったら検索してみて下さいませ
テーマ:京都
ジャンル:旅行
 トレジャーハント「北欧の伝説」
2013年07月10日 (水) | 編集 |
さて、続いては「北欧の伝説」です

タイトルだけではなんだかよく分かりません…

ベオウルフ1

依頼内容を見てみると「ベオウルフの兜」とあり、ベオウルフという名前が出てきます

ベオウルフとは物語というか伝承の中の主人公ですね

巨人やドラゴンを退治するという伝承です

まあ、日本で言う八岐大蛇の退治みたいなものなんでしょうかねσ(^◇^;)

怒る狂った巨人と壮絶な闘いをし、王となったベオウルフ

自分の国に襲ってきたドラゴンを相打ちで倒したという伝承

ベオウルフ2
こちらはオスロ郊外、オスロ北の北の最奥にある大岩にある

ベオウルフ3

応用剣術+2、剣術+1のブースト

かぶると何となく仮装パーティのようだσ(^◇^;)

実際にこの様な兜をかぶっていたかは不明だけど、この時代はこんなの被ってたのかなと

北欧のトレジャーハントシリーズは以上でした
 トレジャーハント「伝説の女海賊」
2013年07月09日 (火) | 編集 |
さて、今回は新たに追加?となった、トレジャーハントに挑戦

まずは「伝説の女海賊」から

追加となったとあり、舞台は北欧です

アルヴィダ1

時代は5世紀と大航海時代から約千年さかのぼります

アルヴィダはスカンジナビアの王女であり、国王はデンマークのアルブ王子と

結婚をさせようとしていたのである

しかし、突然アルヴィダはこれを拒み親しい乙女達と共に船を出し逃げていく

いつしか、アルヴィダは海賊の首領になり、女海賊として恐れられるようになった

デンマーク王はそれを討伐するべくアルブ王子率いる討伐隊を送る

そして、アルヴィダはアルブ王子との戦いに敗れたというのだ


さて、お話の前半はこんな感じかな。

正直言うとこのお話は真意のほどは定かではない

アルヴィダ2
ストックホルムから東に向かうとある上陸地点「バルト海北」で上陸

ぐるっと回り込んで、真北の一番奥にあるテーブル岩に隠されている

アルヴィダ3
社交、応急処置、収奪がそれぞれ+1のブースト機能

おしゃれ着?としてならいいかなとか


さて、このアルヴィダ。

アルブ王子との戦いに敗れたあとはというと、そのアルブ王子の勇敢さに惹かれ

結局は身分を明かし、アルブ王子と結婚をしたというハッピーエンド

おとぎ話などで良くあるパターンですかね(白雪姫、シンデレラ姫など)

結論的にそういうストーリーなので、真意も疑われているのですσ(^◇^;)


ちなみに、アニメ「ワンピース」に出てくる、「アルビダ」という女海賊ですが

この女海賊アルヴィダがモチーフになっているようです
 コッコラ
2013年07月08日 (月) | 編集 |
コッコラ
分類:港・集落

一言メモ:
現在のフィンランドのバルト海沿岸にある街
グスタフ2世アドルフが築いた街
一時、造船や木材などで繁栄した時代もあったが
今早く人口5万人の静かな港町になっている
 ハワイ
2013年07月08日 (月) | 編集 |
ハワイ
分類:港・集落

一言メモ:
ハワイ諸島にある一番大きな島
当時のハワイ島は先住民が住んでた静かな何もない島だったようだ
その後18世紀後半にクックがハワイに上陸。後にクックはここでの争いで死んでしまう
その後、あの有名なカメハメハ大王がハワイを統一することになる

ちなみにハワイ諸島はハワイ島のある南東から島が出来、北西へ移動、
最終的には海に没していくと言われている
海底地図を見るとハワイ諸島の北西からカムチャツカ半島の海底にはかつての島の痕跡が見受けられる
 ワールドクロック「三十年戦争」
2013年07月03日 (水) | 編集 |
さて、大航海時代も2ndAgeのチャプター4「北欧の獅子」にアップデートされました

それに伴いワールドクロックも17世紀第2期の「三十年戦争」へ強制移動です

まずはちょっと解説を

「北欧の獅子」と呼ばれる人物「グスタフ2世アドルフ」はスウェーデン王国の国王です

三十年戦争とは切っても切れない中心人物の1人です

そしてストックホルムの王宮に行かれた方は分かると思いますが、

玉座にいた少女が後の女王クリスティーナということでしょうかね

三十年戦争

時は17世紀前半、日本はまだ関ヶ原が終わり江戸幕府が出来ようかという頃でしょうか

北欧、バルト海を中心に30年の間に断続的な戦闘が行われてたのが三十年戦争

グスタフ2世はこの三十年戦争の最中に戦死してしまいますが…

とまあ、週末はこれに関連して、大海戦が行われるようです

土曜日は月例会だし、日曜日に参加できるかどうか…


それはさておき、スウェーデン王国誕生?と言うことで、

スエーデン民族
スウェーデン民族服にしてみました~

アルプスの少女ハイジじゃありません

って、国が違うかσ(^◇^;)
 寝台列車人気に絶句σ(^◇^;)
2013年07月01日 (月) | 編集 |
7月31日から、8月6日の広島を兼ねて香川、愛媛を回る予定ですが

本日、その7月31日の寝台特急「サンライズ瀬戸」の発売日です

発売開始の10時に向けて、東京駅へ繰り出したのですが、

なんとも10分ちょっとで完売という恐ろしい売れ行き

残念ながら、チケットがゲットできずに撤収ですσ(^◇^;)

まさかにこんなにすごすぎるとは思いもしませんでした

しかしながら予定を変更することもできません

急遽ですが、7月31日は羽田空港から高松空港まで飛行機で行くことに

なんとか、最終便のチケットを確保

それにしては空いてるな~とおもったら、なんと787ではないですか

あのトラブルの前なら喜び勇むところですが…

普通なら新型機に乗れるのは嬉しいのですが、微妙な心持ち

まあ、何もないことを祈りますが…

もし、更新が途絶えたら

あ~ 逝っちゃったんだなぁと思ってて下さいましσ(^◇^;)

って、それなら普通にニュースになるってね

とまあ、独り言でしたσ(^◇^;)
テーマ:つぶやき
ジャンル:日記