初! WAHAHA本舗
2012年06月16日 (土) | 編集 |
本日は、天王洲アイル銀河劇場で行われた、WAHAHA本舗全体公演「ミラクル」を見に行ってきました。
去年は行ける日にチケットがとれず、今年ようやく、初のWAHAHA本舗体験です。
 
まあ、WAHAHAですから、当然ながら下ネタ満点の公演です(笑)
たまにはこう言うのも楽しいですね。こう言うのも観客全員でやれば楽しいものです。
 
今日が初日と言うことで、明日以降見にいかれる方が、万が一これを見ちゃうとネタバレの場合もあるので、
あまり内容は紹介しませんが、とりあえず、WAHAHAらしい楽しい3時間超の公演でした。
 
わらわは1階席の後ろ目だったですが。(ある意味安全地帯(爆))
開演前に、観客の中から舞台の後ろに座って欲しいとのことで、せっかくなので手を挙げて参加!
まあ、こういうのもWAHAHAだろうと、せっかくなので満喫。
でも、幕が開く前の舞台上の出演者の様子や表情が見ることが出来て貴重な体験でした。
初日と言うことなんでしょうか、緊張した人もいたり、いろいろと気合いを入れる人様々でした。
そしてなによりも、最初の全体のダンスを間近で見れましたからね。
 
まあ、WAHAHAの全体公演ではやっぱり、久本雅美と柴田理恵の2枚看板は一番の注目ですね。
2人での駆け引きなんかはほとんどアドリブなんでしょうね。
その日ごとに多分違うんでしょうからね。
そして、おきまりの花に種飛ばしも…(^◇^;)まあ、半分はそれも期待してたんですが(^_^)
まあ、飛んでこなかったからね。飛んできたら人ごとじゃないかも(^◇^;)
 
ちなみに和田アキ子は本当に出ません。かも。なんて
 
 ものまねキャラバン
2012年06月15日 (金) | 編集 |
昨夜は渋谷公会堂で行われた、「ものまねキャラバン」を見に行ってきました。
 
 
この「ものまねキャラバン」はものまね芸人、コロッケさんの呼びかけで、
ものまね芸人たちが集まり東日本大震災のためのチャリティ・コンサートです。
 
あの震災から1年以上が経ち、やや風化気味な傾向もありながらも、
こういう活動で長くがんばっています。
わらわも今回は良い機会だったので、チケットも取れ見に行ってきました。
 
出演した芸人さんは、
モト冬樹、岩本恭生、布施辰徳、葉月パル、山寺宏一、トニーヒロタ、イジリー岡田、ノブ&フッキー、
コージー冨田、ツートン青木、松村邦洋、原口あきまさ、ホリ、はなわ、ミラクルひかる、福田彩乃、
高田沙千子、コロッケ
と言う面々です。名前だけではどんな人か分からない人もいますが、芸を見ると皆さん分かりますね。
ものまね芸人じゃない人もいますが…(笑)
 
いつもはテレビで見ているものまね芸人たちが生でそれぞれの芸を披露します。
もちろん、お決まりのもありました。原口の明石家さんま、コージーのタモリと言うように。
まあ、中には似てる?と言うのもありますが、そこはお笑いで(笑)
 
コロッケの3倍速は、おもしろかったですが、早すぎて(笑)
 
あとは楽しみにしてたのは、ツートン青木の美空ひばり。
「川の流れのように」と「お祭りマンボ」を披露してくれました。遠目で見ると似てますね。
って、リアルの美空ひばりは生で見たことはないですけど…
 
それと、わらわのイチオシ!ミラクルひかるです。
まあ、ヒッキーファンなんで(笑)
本人が現在活動休止なので、がんばって欲しいですね。「Automatic」を披露してくれました。
 
皆さんのを紹介するときりがないので…わらわのお気に入りだけを(苦笑)
 
最後は、みなさんが募金箱を手に出口で迎えてました。
ツートン青木さん、原口あきまささんと握手してきました。
ツートンさんって近くで見ると意外と小柄なんですね。でも、身体はしっかり締まってました。
やっぱり、体力を使うんでしょうね。
 
そして、念願のミラクルひかるちゃんとも握手。ヤッター!(^_^;)
 
そうそう、みなさんノーギャラだそうです。大変ですががんばって下さい。
そして、全国のものまね芸人ファンの方々。是非、応援して下さい。
 帰りも… 残念ながら…
2012年06月12日 (火) | 編集 |
昨日の19時発の便で、山口宇部空港から羽田空港へ帰ってきました。
出発間際に、軽く雨が降り始めた山口。
帰りの景色も期待薄と感じる天気です。案の定でしたが…
 
それでも空港を飛び立ち、さっきまでいた空港を右後方に見ながら、上昇。
瀬戸内海やそこを航行する船も見えてましたが、しばらくすると右前方に陸地が。
乗ってた時は四国かと思ってましたが、あとで覚えてた地形と地図を照らし合わせると、
どうも九州の国東半島だと判明?へぇ~そんな風に回るのかと…
 
しかしながら、とうとう飛行機は雲の中に入り、また真っ白の世界。
そして、すぐに雲海の上に。雲の上すぐを飛んでいたので、雲に滑るように動いてる感じは不思議でしたね。
そのまま黄泉の国にでも行っちゃうんじゃないかと…ふと
 
結局は太陽も沈み、暗黒の世界へ。
 
再び、窓の外に景色?が出てきたのは着陸10分前でした。
もちろん、もう暗いので、夜景です。
綺麗ですね。街の明かり、街灯の明かり、車のライト、
当初は三浦半島かと思ってましたが、着陸近くなり、アクアラインが見えたことから、房総半島だと判明。
結構、以外と大回りしてるんですねぇ。
着陸間際には、ほんのわずかでしたが、スカイツリーも見えました。
 
どうも、ここ最近、飛行機の景色は外れが多いなぁ~
 
今度、飛行機を乗る予定は8月の広島-羽田です。
そう、今年も8月6日は広島にいます。
 
山口でのリポートはまた。
 飛行機 残念ながら…
2012年06月09日 (土) | 編集 |
東京・羽田空港から、山口宇部空港まで、トータル1時間40分のフライトでした。
 
今回は翼の付け根のやや後ろ目の窓側でしたが。
本来天気がよければ、なんですけどねぇ…
結局、離陸後に海ほたる、アクアラインが見え、横浜磯子付近から陸地上空を飛び、
三浦半島、江ノ島、小田原までは見ることができました。
 
しかし、残念ながら、その後はしばらく真っ白の世界でした。
梅雨前線があり、西日本では梅雨入りしたため、まとまった雨雲が日本上空にありました。
しばらく、真っ白の世界の中を飛び、とうとう、雲の上に出ると、果てしない雲海が広がってました。
18時20分頃には、気流が乱れてたんでしょうか、かなり機体が揺れ動いてました。
本来雲がなければ、淡路島から瀬戸内海が見えたことでしょう。
 
飛行機もいよいよ着陸態勢に入るために、下降。
下にある雲海がどんどん迫ってきます。
そしてとうとう雲の中へ。さっきよりもかなり濃い白い世界です。
翼が揺れます。下も真っ白で陸地も海も見えません。
こんな真っ白でよく方向とかわかるなぁとか思い、下はいきなり地面なのではとか思いながら
どきどきの数分間でした。
パッと、雲から抜けると下は瀬戸内海でした。すぐに陸地の明かりも見えてきます。
あっという間の着陸です。
 
結局残念ながら、富士山も、京都市内も、瀬戸内海も見えずに終わってしまいました…
 
わらわは少し前までは飛行機は苦手でした。
ここ最近にして、ようやく慣れてきて、飛行機酔いもしなくなりましたけどね。
でも、やっぱりまだ不安感はあるんでしょうかね(^^ゞ
 山口へ到着
2012年06月08日 (金) | 編集 |


山口宇部空港から、バスで新山口に出ました。
ここから防府に向かいます。

って、電車は30分に1本…
都会のすぐに次が来るのに慣れてしまっていると、30分ってかなり辛かったりする。
元々、田舎の出身なのに
慣れって((((;゜Д゜)))
 今日から
2012年06月08日 (金) | 編集 |
今、羽田空港に来てます。
今日からわらわは山口へ行ってきます。

早めに着いたので、かなり早い夕食を済ましてから、飛行機に搭乗です。

山口宇部空港まで、1時間40分のフライトです。
向こうは天気が悪いとの事なので、どこまで景色が見えるでしょうかね。

いつもより警官が多い気がします。
やっぱりあれですかねぇ…
飛行機で逃げるって可能性が低いような気がするけど、
まあ、空港だから警戒は怠らないということかな
 白神山地にて 追記
2012年06月02日 (土) | 編集 |
白神山地にて捕獲したアカネズミのお食事シーンの動画をのせてみました。
 
 
クルミの真ん中の境目のところを一生懸命かじって、穴を開けて中のクルミを食べます。
食べられるまでに、約1時間半、かじり続けるそうです。
時々休むのは疲れるからでしょうか(笑
 第4回 日の出寄席 立川志の輔独演会
2012年06月01日 (金) | 編集 |
本日は、東京国際フォーラムにて、今の落語では人気の立川志の輔の独演会に行ってきました。
立川志の輔はなかなかチケットが取れない落語家の一人じゃないでしょうか。
 
立川志の輔の落語は今の圓楽(元・楽太郎)の襲名披露の時に出演した時以来です。
その時は口上の挨拶に師匠である、立川談志がサプライズで出演しました。
たまたま入院している病院が近かったとか…でも、それが最初で最後の生談志でした。
その時は他に桂歌丸、三遊亭小遊三、笑福亭鶴瓶なども出演してましたけどね。
 
今回は志の輔の独演会。
とは言え、前座もあります。前座は六番弟子?の志の太郎でした。
前半の演目は志の輔の新作落語ですかね。
演目は「バールのようなもの」と言うのでしょうか?(正確なのは分かりませんが、調べるとそうみたい)
大工の主人公がニュースで流れた「バールのようなもの」とはなんなのかをご隠居さんに聞きに行くところから始まります。
バールのようなものとは、つまりはバールじゃないと言うこと。
女のようなものは女じゃない、ハワイのようなところはハワイじゃない、夢のようなものは夢じゃない
だから、バールのようなものはバールじゃないと。
それを聞いた主人公は、自宅に帰り奥さんに問い質される。
また、スナックの女のところに行って遊んでたのではないのか?あの女は妾なのか?と言われると
主人公は妾じゃないという。奥さんは、だったら何?と言うと、
主人公は「妾のようなもの」と言う。すると奥さんは、それは妾でしょうと。
問答をしていると、とうとう奥さんは怒ってしまい主人公の頭を殴ってしまう。
その後、主人公はご隠居さんのところへ行き、ことの顛末を説明すると、
「妾には”ようなもの”を使ってはいけない。逆に強調されてしまう」と言う。
それを早く言って欲しかったと嘆く主人公に、ご隠居さんはその頭は何で殴られたのか?
と訪ねると、主人公は「バールのようなもの」と答えるオチ。
 
幕間があり、後半の演目は「井戸の茶碗」
こちらは古典落語ですね。以前、桂歌丸の「井戸の茶碗」を聞いているので内容は分かってましたけど…
志の輔風にアレンジして面白可笑しくストーリーを組み込んでました。
屑屋がある長屋の浪人の家に行き、屑を買う、でも、そのお金では足りないという浪人。
そこで、家にある仏像を買って欲しいという。屑屋は渋々承諾し、200文で預かり、それ以上に高く売れたら
差額を半分ずつに分けると言って出て行く。
そして、その屑屋が細川家の屋敷を通るとある武士が呼び止め、その仏像を300文で買うという。
快く承諾し、仏像を渡す屑屋。武士は薄汚れてる仏像をきれいにしようと湯で洗っていたところ、
底の封が切れ、中から50両が出てくる。
その武士は、仏像は買ったが中の50両は買ってないから、元の持ち主に返すと言い、
売った屑屋を見つけ、それを託すが、売った浪人は、仏像は売ったもので、そのあとそこから出てきたものは
買った人のものだと50両は受け取れないと突っぱねる。
すったもんだがあり、困った屑屋は大家に相談し、50両を3人で分けることにし、丸く収まるかに思えたが、
浪人はそれでは申し訳ないと言い、湯飲みに使ってた薄汚れた茶碗を武士に渡す。
その話しを聞いた殿様が、是非その茶碗を見たいと言い、汚れているままでは見せられないと言い、磨いて
殿様に見せたところ、その茶碗が名器の井戸の茶碗とわかり、殿様に300両で無理矢理売るハメに。
今度は300両を半分ずつ分けることになったが、今度は浪人が自分の娘をその武士の嫁にしたいという。
武士もその話しを快諾したけど、その娘も薄汚れているので、磨けば綺麗になると屑屋が言うと
もう磨くのはこりごりだと言うオチ。
後半の「井戸の茶碗」はかなり長いお話です。
本来はトータル2時間で終わる予定だったそうですが、30分もオーバーしたとか。
まあ、そこも織り込み済みなんでしょうけどね。
 
そんなこんなで、久しぶりに笑い、楽しい落語でした。
志の輔の人気が何となく分かった気がしますね。また、とれたら行きたいですね