ホッキョクグマ
2014年03月19日 (水) | 編集 |
ホッキョクグマ
分類:大型生物
クエスト名:「氷の地のクマ」
必要スキル:生態調査5 生物学7 極北諸語
前提:「ヒグマの生息地調査」(ヒグマ) 
一言メモ:
北極圏に生息する、白亜のクマ
体長は約2m、体重も500㎏はある大型のクマ
流氷や氷河をエサを求め歩く
近年は温暖化で流氷や氷河が溶け、生態環境が悪化
徐々に個体数を減らしている

ホッキョクグマ01
サンクトペテルブルグで受けられるクエ
北東の海域にいるクマらしい動物の調査をして欲しいとのこと
今までクマ関係の調査をしているからこそ依頼が来たようだ
まずは依頼主のサンクトペテルブルグの酒場にいる船乗りに話しを聞こう
[READ MORE...]
 バンテン
2013年11月13日 (水) | 編集 |
バンテン
分類:大型生物
地図名:「牛に似た動物の地図」カリカット
必要スキル:生態調査4 生物学4
前提:「スマトラ南東の島」(ジャワ島)
一言メモ:
インドネシア、東南アジアに生息する牛の仲間
地域によっては家畜として飼われてもいる
オスは全体的に黒く、メスは茶色の体毛

バンテン01
ジャワ島北岸に上陸。上陸地点から西に向かい、廃墟のある広いところで見つけられる
 ミズシカ
2013年10月25日 (金) | 編集 |
ミズシカ
分類:大型生物
地図名:「野生のシカの地図」東南アジア開拓地
必要スキル:生態調査4 生物学4
前提:「海峡の南の島」(スマトラ島)
一言メモ:
サンバー。別名「水鹿(スイロク)」ミズシカという呼び方はあまりしないようだ
インド、東南アジアから中国南部、台湾に生息する鹿の仲間
名前の通り、水辺に生息している草食動物
日本では広島にある動物園で見ることが出来るようだ

ミズシカ01
スマトラ島南西岸に上陸。上陸地点から北にある大岩に向かう途中の水場で見つけられる
 タイパン
2013年10月18日 (金) | 編集 |
タイパン
分類:大型生物
クエスト名:「猛毒」
必要スキル:生態調査4 生物学6 オセアニア諸語
前提:「猛毒のヘビの地図(東南アジア)」(タイガースネーク)
一言メモ:
ニューギニア島南岸とオーストラリア大陸北岸に生息
世界最強の猛毒を持つと言われるこのヘビは全長約4mにもなる
普段は朝・夕方に行動をし小動物を食べている
気性は激しく何度も噛み、大量の猛毒をはき出す
最近は、その毒を止血剤として活用する研究もされているらしい

タイパン01
ジャカルタで受けられるクエ。いわゆるヘビシリーズ
猛毒を持つヘビを調査して欲しいというおぞましいクエ
渋々だが受ける。まずはカカドゥへ向かってみよう

タイパン02 タイパン03 タイパン04 タイパン05 タイパン06
カカドゥの街役人から詳しい話を聞こう
どうやら、前に発見したヘビとは全く違うらしい
経緯を聞いているだけでゾクゾクとおぞましくなってくる…σ(^◇^;)
相当危険な調査になる。命が惜しいならここで引き上げよう…
もし続行ならそのヘビを見つけたという場所へ行って身長に調査を進めよう

タイパン07
カカドゥを西へ海岸沿いに進み、オーストラリア北西岸で上陸。
上陸地点から南東に向かい、奥地入口の近くの白い花のそばで大きなヘビを見つける
身長に確認し、即座に撤収しよう
 オランウータン
2013年09月21日 (土) | 編集 |
オランウータン
分類:大型生物
クエスト名:「誘拐事件」 → 「鳥の羽が運ぶもの」
必要スキル: 生態調査11 生物学13 インド諸語
前提:
「想い出に残ったもの」(キエリボタンインコ)
一言メモ:
東南アジア、インドネシアのスマトラ島とボルネオ島の一部に生息する
全身を長い体毛で覆われており、ほとんどを樹上で生活する
森林破壊やペットなどの乱獲により個体数が激減
今は動物園などで繁殖を試みているが、思うように増えていないようだ

オランウータン1
まずは、カリカットの海事ギルドで受けられる前提のクエを受ける
セイロンの街役人から奇妙な依頼だ
とりあえずはセイロンにいって詳しく話しを聞いてみよう

オランウータン2 オランウータン3
まずはセイロンの街役人から事件の詳細を聞いてみる
どうやら、誘拐事件があり、身代金をいざ運ぼうという時にひょっこり帰ってきたそうだ
詳細を話したがらない女の子に会って、話しを聞いてみよう

オランウータン4 オランウータン5
桟橋の先端にいる女の子がそうらしい。事情を聞こうとするが、わらわでも話してくれない
そもそもすごい航海者を選ぶ基準を知りたいが…
埒があかないので、街役人のところに戻ろう

オランウータン6 オランウータン7
街役人には犯人の目星がついているらしい
まだ要求が続くということはなにかあるのだろう
とりあえず、ブルネイの郊外に屯ってるラジャン河賊を叩きつぶしにいこう

オランウータン8 オランウータン9 オランウータン10
ラジャン河賊を10匹も倒せば十分に肝が冷えたろう
達成したら前提は終了だ

オランウータン11
次はアフリカ東岸にあるザンジバルに行こう
ここでは前に鳥を調査したことから依頼が来る。依頼人のガーダに会おう

オランウータン12 オランウータン13 オランウータン14
休憩所にいる酒場娘「ガーダ」から話しを聞く。以前言っていたのは正直忘れましたσ(^◇^;)
でも、羽根を持っている相手は思い切り心当たりがあります
と言うことで、さっきのクエの中で出たセイロンにいる女の子を当たろう

オランウータン15 オランウータン16 オランウータン17 オランウータン18 オランウータン19
やはりセイロンの女の子だったようだ
これでさっき聞けなかった帰ってこられた真相が明らかになる
どうもその冒険者のことは今までチラチラ出てくるが、同一人物だろうか?
正直どんな人物なのか会って見たいものだ。会える日はあるのだろうか

オランウータン20
ブルネイ郊外の南西にあるテーブル岩にその冒険者の刻んだ言葉が読み取れる
残念ながら数百年後の世界ではこの様にはいかなくなっている

オランウータン21
テーブル岩から戻ると、木の上からガサガサと音がする
茶色の長い体毛に覆われた大きなサルがいる。これが森の賢人と呼ばれる動物のようだ