ウリウリ
2014年02月20日 (木) | 編集 |
ウリウリ
分類:財宝
クエスト名:「ハワイの伝統楽器」
必要スキル:探索4 財宝鑑定6 開錠4
前提:「石囲いの聖地」(ヘイアウ)
一言メモ:
ハワイで使われる代表的な伝統的楽器
ココナッツか瓢簞の中に種などを入れて振って音を鳴らす

ウリウリ01
ジャカルタで受けられるクエ
なぜかヨーロッパの貴族からハワイ諸島にある伝統的な楽器を調査して欲しいとのこと
現地にいって見にいくのが一番速いので、さっそく太平洋の孤島、ハワイ諸島へ
[READ MORE...]
 スコモローフの仮面
2014年02月14日 (金) | 編集 |
スコモローフの仮面
分類:財宝
クエスト名:「師匠が遺した物」
必要スキル:探索8 財宝鑑定10 開錠8
前提:「ロシアの伝統楽器」(グースリ)
一言メモ:
スコモローフとは中世ロシアで活動した芸能者のこと
ロシアの民衆の婚礼や葬儀など様々な場面で演奏などをした
18世紀以降は衰退したが、後のロシアのサーカスや大道芸などに受け継がれている

スコモローフの仮面01
ナポリで受けられるクエ。伝統楽器のクエで協力してくれた吟遊詩人からの依頼だ
師匠の持ち物を探す手伝いをして欲しいとのこと
サンクトペテルブルグに行き、吟遊詩人を訪ねてみよう

スコモローフの仮面02 スコモローフの仮面03 スコモローフの仮面04 スコモローフの仮面05 スコモローフの仮面06
どうやら、師匠は風刺を演じて迫害されてしまったようだ
そんな師匠のことをグースリ発見の時に思い起こしたようだ
どんな物があるのか分からないが、この前のお礼としても手伝ってあげよう

スコモローフの仮面07 スコモローフの仮面08
まずは同業者とも言える演奏家がなにか知っているかも知れない
サンクトペテルブルグの街の中心近くにいる演奏家に話しを聞く
貧しい物の味方だったが、風刺が祟って迫害されたようだ
象徴するような物というとどんな物なのだろうか

スコモローフの仮面09 スコモローフの仮面10
吟遊詩人のところに戻り、師匠の生き様を伝えてあげる
しかし、どんな物なのかはよくわからないようだ

スコモローフの仮面11
サンクトペテルブルグより西で亡くなったという情報を元に
西に位置するバルト海北へ行ってみる
北西の隅にそれらしい物を見つけることができる
どうやら演奏の時などにつけていた仮面のようだ
サーカス、道化・ピエロのような顔だ
 グースリ
2014年02月11日 (火) | 編集 |
グースリ
分類:財宝
クエスト名:「ロシアの伝統楽器」
必要スキル:探索5 財宝鑑定7 極北諸語
一言メモ:
ロシアに伝わる伝統的な弦楽器
ロシア正教では唯一演奏が認められた楽器
翼型、兜型、箱形とあり、これは14,5世紀頃の兜型と思われる

グースリ01
ナポリで受けられるクエ。ナポリの楽士というとあの人だろうか
サンクトペテルブルグでの楽器の調査依頼だ
サンクトペテルブルグに向かい、その楽器を調べてみよう

グースリ02 グースリ03
サンクトペテルブルグの大聖堂前にいる吟遊詩人が楽器などの音楽に詳しいだろう
話しを聞くと伝統的な楽器で、正教会でも唯一演奏が認められているらしい
どうやら、この吟遊詩人も楽器を持っているそうなので、せっかくだから見せてもらおう

グースリ04
吟遊詩人がいる場所から西へ少し行った邸宅の中にその楽器がある
見た感じ楽器?と言うイメージもあるが弦があるので楽器だろう
どんな風に弾くのか見れないのが残念な気もする
 カリブの景色
2014年02月03日 (月) | 編集 |
カリブの景色
分類:財宝
地図名:「カリブの鉱石の地図」サンクトペテルブルグ
必要スキル:探索8 開錠8
前提:ポートロイヤル発見
一言メモ:
カリブのイスパニョーラ島のドミニカ共和国で産出される鉱石・宝石の1つ
ラリマーと呼ばれるが、正式にはブルー・ペクトライトと言うようだ
パワーストーンとして注目されており、人気があるようだ

カリブの景色01
ポートロイヤル、西の邸宅の応接セット付近で見つけられる
 海賊の約定書
2014年02月03日 (月) | 編集 |
海賊の約定書
分類:財宝
クエスト名:「海賊論」
必要スキル:探索9 財宝鑑定11 開錠9
前提:ポートロイヤル発見

海賊の約定書01
サンクトペテルブルグで受けられるクエ
依頼人は小説家のようで海賊をモチーフにした小説を書きたいらしい
命知らずな気もするが、手伝ってあげよう
海賊の本拠地であるポートロイヤルに潜入だ

海賊の約定書02
ポートロイヤルに潜入するには1mの賄賂が必要だ
なので、用事はなるべく1回で済ませられるようにしておこう
まずは酒場にいる酒飲みの女性から
戦闘中に持ち場を離れると「板歩き」の罰があるようだが…「板歩き」って?σ(^◇^;)

海賊の約定書03
次は出航所の近くにいる海賊船の船長から
なんと海賊なのに仲間内の窃盗などは御法度らしい
賭博もダメって言うのも意外な気もする
しかし、孤島に置き去りって…島流しかいσ(^◇^;)

海賊の約定書04
続いては東側の邸宅の邸内にいる海賊船の船員から
お酒の飲み方についても掟があるようだ。確かに月見酒とは洒落ているかも知れない

海賊の約定書05
最後に船員のわきにいる住人から
どうやら元海賊でお酒は飲めないようだ。確かにそういう海賊もいるだろう
むりやり飲ませないという掟も必要だったんだろうね、この人には…σ(^◇^;)

海賊の約定書06
入り口の右側の書棚にその分厚い約定書がしまってあるようだ
なぜこんなに分厚いのか…σ(^◇^;)

この調査がのちのち、「パイレーツオブカリビアン」になるのだろうか

なんてねσ(^◇^;)